2010年3月の空の樹観察日記


前へ メニューへ HPトップへ 次へ

2010/3/24  なんだか

 結構いっぱい拍手いただいた。やっぱりトゥールとサーシャが人気なのでしょうか。ありがとう ございます。

 >八識一さま
 こんにちは!年度末でお忙しい中、おこしいただきありがとうございます。
 神竜によっての復活、は要するにドラゴンボールのパロディだと思うのですが、それを作中に入れると なると難しいですね。ゲーム上のオルデガは何も語ってくれませんでしたが、死んだところを覚えているのでしょうか。 サーシャの母はオリジナルキャラクターですが、他にもサイモンなど死んだキャラクターは結構いるもので、結構 DQ3創作を見ていると、サイモンの子供などがパーティーに入っていたりするのですが、皆様はどうなんでしょうね。
 トゥールにはあえて前向きになっていただいた、というかそれを飲み込めるのが「勇者」かなと思っております。 二人を応援してくださってありがとうございます。

 本当はペルポイの話に入れようと思って書いていたはずなんですが、綺麗に消えておりました。読み直してあれ?と 首を傾げました、本当に。なんでなのか……
 ちなみにルイーダとサーシャの同居は苦くて甘い風邪薬にもちょこっと出てきてます。それなりに平和に暮らしているようですが。
 セイはいいやつです(笑)ペルポイもそうですが、オルデガはどうでもいいのに、オルデガ探しの旅にほぼ 付き合ってたり、情報を集めたりしていました。というのもセイにはすることがないからなのですが。 過労状態で休みに入ると、体を動かしてないと気がすまないというあれです。
 八識様もお忙しそうですが、季節の変わり目です、どうかお気をつけて……

 次は、L'lネタで何かできたらと思っています。一周年ですし。



2010/3/21  相変わらず

 間が開きました、すみません。
 今回は苦手分野にチャレンジ!ということで、ただひたすらトゥールとサーシャに いちゃいちゃさせようと思いました。いちゃいちゃ話読むのは好きなのですが、 ただいちゃいちゃ、というのがどうも苦手で……すごく苦戦しました。 ぶっちゃけ『目覚めの子守唄』とセイとリュシアのがずっといちゃいちゃしてる。

 いろんな作品のネタバレ突然トゥールが、「サーシャの母親はほっておいて オルデガだけを生き返らす問題」とかについて語りだして困った困った。おーい、それ、もうやったから! 星の導くでラグがやったから!!でざっくり消して悩んだり。
 そんなわけでちょっと考えてみた。もしトゥールがラグの立場なら。おそらくはあんな風に持ち逃げせず、歯を 食いしばりながら、ほとんど泣きそうになりながら、それでもロザリーを生き返らすんだろうな。
 逆にルウトは迷いなくシンシア(というかクレア)を生き返らせます。それ以外には使いません。
 ルーンはおそらく、誰も生き返らせないという気がします。人を生き返らす人の領域を超えた力を使う 相手を、選択する権利は自分にはないと、選択された人が、それに漏れた人が傷つくことを自分がしては ならないと戒めるような気がします。

 人の道を正すために、模範的な道を選ぶ勇気。そして、自分の欲望のまま生きられない弱さ。
 自分の思う物を強く求め、まっすぐ進む勇気。周りを見ず、他や世界の気持ちを考えない弱さ。
 自分の手に余るものを手放せる勇気。自分で選び取れず捨ててしまう弱さ。
 かなー、となんとなく考えてます。

 次回はもうちょっと早くというか、はい、がんばります。


2010/3/5  すーみーまーせーん

 ようやく更新できました、ごめんなさい!
 もうほんと、1ヶ月も放置していてごめんなさい。もうちょっと早く更新できると思ったのですが、 私の怠慢と、あとこれだけ長くなるとは思わなかった……3Pくらいになるかなーと思ってたんですが、 8P。しかも本当はこの後もうちょっと文章つけようか悩んだ。超悩んだ。でもやめた。

 start of legendのあとがき。 ものすごく書きづらかったです。 というのも、一応三人称?なのですが、実質ルウトの主観しか出てこない一人称っぽい感じだったのですが…… ルウトというキャラは、クレアを溺愛している、ということが前提として生まれたキャラで、 なんというか、クレアを溺愛していないルウトってどんなんだ?と思いながら書いていました。
 あとやっぱりいい加減に作った作品なもんで、あちこちほころびが……そんなわけで本編ちょっと直しました。
 ちなみにこの後、ルウトとクレアの結婚式にでもつなげようかと思ったのですが、そうすると 感想が最終的に「エリンかわいそう」しか残らない気がしてやめました。ルウトがエリンにのろけて終わる。まぁ、 エリンもこの時点ではもう吹っ切ってますけどねー。まぁ、好きは好きだけど、青春の甘い疼きというか。

 大変お待たせして申し訳ありませんでした。今年は多分エイプリルフールとかしないで、地道に更新していけたらな、 と思います。ネタもないし。

前へ メニューへ HPトップへ 次へ
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット