2004年11月上旬の空の樹観察日記


前へ メニューへ HPトップへ 次へ



2004/11/10     締め切りがせまると掃除をするかのごとく

 なんかひたすらジャンル外の小説など書いてみたりしてました。絶対そんな場合じゃないのだが… うわぁぁん、10万ヒットが迫ってくるよー。うれしいよー、なーんもやってないよー。

 えと、せめてアンケートのまとめくらいはさせていただきたいとおもいまする・・・皆様の リクエストはおいおい…やっていけたらいいな・・・とか。
 ありがたいことにアンケートは50通くらいいただきました。思わずメールフォーム作ろうかと 調子に乗って思うくらい嬉しかったです。いえ、とりあえず作りませんけど。感謝感謝です。 どれも大切に見させていただきました。

 ではでは、今日はこのへんで・・・



2004/11/9     ネット

 ネットと言うのは、人の本音と関わることです。
 毒の心も、優しさも、そういったものと関わっていかざるを得ません。
 かといって、人を傷つけて良いわけではない。そう思います。
 過去にあった現実。そして、いまだ続いている現実を、しっかりと学んで失敗のないようにしたい、そう思います。

かざきり羽問題まとめサイト

 個人のサイトが別の個人の問題を取り上げたサイトを掲げることが、正しいのは私にはわかりません。攻撃、 と取られるかもしれません。何が本当に正しくて、間違っているのか、私も考えている最中です。一度は 逃げ出してしまいましたが、今もなお、考えております。
 私自身、この日記や小説やレビューで、人を傷つけているかもしれません。人の問題を掲げられるような、立派な 人間ではないと思います。  ですが、これ以上人が傷つかないように、私がこれ以上、誰かを傷つけることのないように、 その問題のあり方を、たくさんの人と考えられるように、私は願います。



2004/11/8     忙しい

 月曜日は忙しいのです。皆様、気持ちはわかりますが、週明けとかに来ると並ぶだけですよ?げふげふげふ…

結婚への道8

前回とはうって変わって地味な 道筋ですが。
 さて、先週の日曜に東急ハンズに行きまして。招待状セットを買ってまいりました。 (本当はロフトも行ったのですが、横浜のロフトってちっさいんですねぇ。デパートの一階分だけなのか。) 結婚式場で申し込みも出来るのですが、結構高い!一冊156円…だったかな? 作った方が、絶対安いのですよ。ただ、字が汚いので、宛名だけはどうしようかなぁ、 と思っているのですが(基本は筆書き。ただ、最近は筆っぽいフォントも主流。しかし封筒、印刷できるかしら?)

 で、ハンズに行く。招待客は50人弱。ただし、ご家族(特にご夫婦)が主流なので、だいたい30個ほどでいいでしょう。
 そうして探したののうち、一つは私はひとめぼれー。もう超かわいい!と言っていたら「…まさよしも超とか 言うようになったんですねぇ」としみじみと。「だってワタル様も言ってるし」とか言おうものなら怒られそうなの で、やめておきましょう。でも言ってみたら頭悪そうなので、言わないようにしよう。
 もう一つは和風におめでたそうなやつ。最後の一つはシンプルに。…でも考えたら、人によって招待状が違うのって やばい?グループで分けよう、頑張れ。最終的に友人がちぐはぐになってもいいかな?うん、きっと。

 そして昨日はちくちくと、招待状の文面を作っておりました。まだ完成してないんですけど。なんか文章が妙に硬くて、気になる… 作り方としてはテンプレート集をいろいろ見て、いろいろつぎはぎして作りました。もうでたらめ。一番最初に チェックした時は(作ってるのはにーちゃん)「若葉萌えいずる今日この頃でございますが」とか書いてあったし。 「このたび私たち両名の婚約が成立し」とか書いてるんだけど、普通に婚約なんてしてないしなぁ…まぁ、 形式美というか、なんというか…変な言葉遣いとかなけりゃいいんですけどね。やっぱり重ね言葉もいけないんだよ、ね? 多分。あと句読点は打っちゃいけないらしい。区切りをつけたらいかんとか。
 で、作ってみましたが、真っ白の紙と言うのは、どうにも寂しい。何かイラスト添えたいなぁ、とただいま捜索中です。 探してる途中で、ごっつかわいい素材見つけちゃったよ。これ以上素材イラストでHP重くしてどうする…って、 HP素材探すんじゃないんだってば!!冬の花ってないんだよねぇ…困った困った。

 そういえば私、誤解してましたが、招待状送付って2ヶ月前でよかったんですね。なんだ、まだまだ余裕あるじゃん。 とは言え、行うのは平日。できるだけ早い方が良いと思うし早めに作成せねば。しかし会場地図を買ってこなかったので(ホテルで 一部10円で売ってる。ただでくれるところもあるらしいが…)完成はもすこし 先になりそうですが。次回に続く

 


2004/11/7     旅行日記8

前回の続き。

 新人のバスガイドさんのあははー、な解説を聞きながら、バスに揺られておりました。前日ロビーで 没収されたため、しこたまお菓子などをもらいながら、バスが向かうのは堂ヶ島というところです。 ここでは遊覧船からんの里どちらか選べるのです。らんの里は蘭の植物園みたいなところ。遊覧船は 天窓洞という洞窟の中が見られる遊覧船らしいのです。昨日の夜のお風呂の中で、一緒した方が、 遊覧船が綺麗そうだよ、と言うお話でしたし、にーちゃんも遊覧船がよさげなので、そちらに向かうことにしました。

 私も遊覧船なんて久しぶりです。うきうきで船に乗り…はたと気がつく。…私、酔う人なんだよ。車とかも苦手な人でして 、大昔沖釣りに行ったときは、もうほんと死にました。まぁ、十分くらいだし…でもでも…と恐れながら、 船の左側に腰掛ける。船は一杯一杯で座れない人もいましたから、まぁラッキーな方でしょう。
 遊覧船は堂ヶ島のあたりにたくさんある、小さな島をぐるぐると見て回り、最後に天窓洞に入る…という ことなのです。
 …小さな島は、波の浸食により、さまざまな彫刻が織り込まれておりました。は、いいのですが、その彫刻のほとんどが 右側にあったため、ほとんど見られず(見られないことはないのですが、アナウンスが聞こえる時にはほとんど聞こえない) 皆さん、乗るなら右側でっせ!
 象の形をした島や、海の美しさに見せられながら、最後のメイン、天窓洞に入ります。
 …まぁ、なんのことはなく、洞窟の天井に穴が開いてるだけなんですけどね。珍しいものらしいです。光が差し込み、海に 映る様は確かに美しいので、晴れた日にいくべしですね。

 …さて、自由時間はらんの里の方に合わせて1時間ありました。あと50分丸々開いてるんですが。 とりあえず、展望台やらなにやらあるみたいなので、うろうろしてみる。
 なんかいろいろ映像が見られると言うのもあるのですが、あんまり時間がないので、それは却下しておく。しかし 貝殻の飾りなんてあるんですが、今の時期、ほとんど売れてなかったのがちょっと悲しかったよ。
 で、まっすぐ行くと、その天窓洞の窓を上から見ることが出来る、というのがありました。上から見下ろすと…普通の 海ですよ。洞窟の中の。ただ、物語の中で登場させたらロマンスだなぁ、とかそんなことを考えたりしました。 ああ、一介のレビュアーだと思ってたのに、すっかり物書きもどきになってしまって…ついでに、下から 来た船に手を振りました。
 さて、そのあと展望台に登りたかったんですが…台風の影響で、道が途中でふさがっておりまして。とりあえず別の道へと 向かいました。
 …すると、その横にほっそい道が一つあるんです。本当に山道みたいな土の道。かろうじて木の枝で階段が作られてる… と言うような感じで。
 …で、なんで私はこんな道を登っているのか。いいや、私とにーちゃんだけならまだしも、何故、 にーちゃんの職場の先輩(女性)達まで一緒に登っているのか。私ともう一人はスカートだと言うのに。枯葉も 落ちてるせいで、すっごいすべりやすいというのに。 …それは、そこに道があるから。
 ひーこら言いながら登る。途中ですべり、こけそうになっても助け合いながら登る。 途中で、細い木が、台風のせいで倒れていたので、乗り越える。…本当になんでうちらこんなところ登ってるんだ。
 ちょうど一番高いところに尽きますと、それはかなり美しい風景でした。ちょっと木が邪魔でしたが。横に 蜘蛛のいて、怖かったですが。ちなみにその先は巨大な木が倒れており、さすがに通れなかったので 戻ってきました…が登るより降りる方が怖いですね。つかまるところもないし。よく誰も怪我しなかったもんだ。 大人って、大人になっても馬鹿ですよねぇ。そのあたりで、時間がきびしくなったので帰ってきました。… 正直楽しかったです。いい会社だなぁ、にーちゃんの会社。

 そこからバスで一時間ほど移動。その間、…バスガイドさんの独断場というか、なんというか… もおええから!あんたの天城越え誰も期待してないから!!と思いましたが、歌ってましたね…まぁ、 いいんですけど。

 今度はお昼ご飯。場所は土肥という土倉風のようなところ。松韻よりはランクが したかなぁ?
 しかし今回のメニューはすごかった。皆にまぐろのかま。めちゃめちゃでかい。なんか、 魚って言うより、流木って感じでした。量がすごい。
 …しかしさすがにこの頃になると、海の幸、飽きてきました。私、肉の方が好きだし。ただ、にーちゃんは嬉しそうでしたが。 私は、お子様メニューのオムライスがうらやましかったよ…めっさおいしそうに見えました。 この旅行で、一週間分の海の幸を食べたね!!

 そして最後に沼津干物センター。なんじゃ?と思っていたらおみやげ物やさんでした。なんか欲しかったけど、めぼしいものが なくて断念。適当に職場の人にチョコ買いました。にーちゃんはゆずワイン買ってました。なかなかおいしかったですが。

 そうして、旅も終わり、高速に乗って2時間後。無事、にーちゃんの会社に着きました。にーちゃんがまだちょっとだけ 仕事するためにビルに入ってたのが哀れでしたが(笑)

 にーちゃんの職場の人とも仲良くなれましたし、非常に楽しい旅でした。なにせ、あんないい宿は個人でなんて 絶対いかないし(一泊2万オーバーです)。伊豆はいいところです。ぜひお勧め。また来年が楽しみです。



2004/11/6     旅行日記7

前回の続き。

 はい、一気に参りましょう。

 食事を食べ終わり、寝るにはまだ早い時間。かといって何かできるわけでもなし、にーちゃんとも 遊べない。そんな時、どうしますか?
 正解は温泉に入る。です。まぁ、別に私はそんなにお風呂好きじゃないんですが(のぼせるし・・・) 露天風呂は結構好きなので、まぁ、月などを見ながらお風呂に入ろうかなーと。同じ部屋の方も入られるということなので、 ご一緒させていただくことにしました。

 いやぁ、面白いお姉さまがたでしたよ。仕事終わって家帰るのが一時で、そっから晩御飯作って寝るのが 3時…ってよろしくないと思います、お姉さま。にーちゃんの評判も聞けたし(もっとも遠慮してくださってる だろうけど)、海に映る月も大変美しかったし。やっぱり日本に生まれてよかったよ。お風呂につかるのはやっぱり 気持ちよい。ずっとおしゃべりしてたので、かなり長居しちゃいました。


 お風呂から出ても、まだ10時、ちょっと寝るには早い。で、にーちゃんに電話すると、まだ仕事待ちだそうで。どうしようかな と思いましたが、にーちゃんの部屋が宴会部屋になってるみたいで、お邪魔しました。
 …えらいことになってました。食べ物が持ち込み出来なかったせいで、部屋の冷蔵庫はほぼ空になってましたし、つまみが ないので飲みっぱなしでしたし。その中でビール飲んでドンちゃんしてる人たちに笑ってしまいました。
 にーちゃんはどこにいるのかなーと思ったら、その部屋おかしなことに、部屋の向こう側に二畳分の小さな部屋が あるんですよ…何のために?どうやらそこにいるらしく見に行く。いまだに仕事の電話がないらしいのですが、 その上司さん、お酒飲んで遊んでたらしいよ…?報われないやつ。とりあえず諦めさせて部屋から引きずり出し、 宴会に参加。といっても、日本酒とビールしかないのでウーロン茶飲んでましたが。そして、にーちゃんの同僚の恋ばななどを 聞いておりました。「剱奈君は話さないよねー、こういうことー」とか言われているあたり、ああ、同僚もを だましてるのか、この男なんぞ思ったりして世が更けました。ついでに途中で呼び出されたにーちゃんは日曜出勤が 決まっていたようです。


 結局12時ごろまで宴会に参加して、部屋に戻って眠りました。…そして六時に起きる。なぜそんな早く起きるのか? それは…お風呂に入るためです。
 …なんか私が相当なお風呂好きみたいですが、暇だし、というのとめちゃめちゃ好きではないが気持ちいいことは事実なので。 あとは早朝にお風呂に入ると、昨日お漬物がもらえたところで、イセエビのお味噌汁がもらえると、部屋においてあった 雑誌に載っていたので…(ちなみに両方ともサービスですよ)
 お風呂に方に行ってみると、まだお味噌汁は配ってないみたいです。とりあえずお風呂に入る。
 残念ながら東じゃないので朝日は見れなかったのですが、朝の海と言うのもなかなか気持ちよいものでした。やっぱり寝ると 汗をかくのだなぁ、と感心もしたりして。とても気持ちよかったです。
 30分ほどで出たはいいのですが、はたしてお味噌汁はいつ配ってるんだろう?脱衣所を掃除してらした仲居さんに聞いてみると、 7時からとのこと。…あとずいぶんあるんですが。しかたないので、無料のマッサージ椅子に腰を下ろして和んでおりました。 脱衣所からも背伸びをすれば海が見えますので、なかなか気持ちよかったです。
 ちょうど7時に外に出て、お味噌汁を飲みました。非常においしかったです。しかし熱いお風呂に熱い味噌汁はちょっと辛かった…

 部屋で和んでいると、すぐ朝食の時間です。朝食は7時半から8時半の間、らしい。とりあえずうちらは観光コースのために、 早めに朝食をとりに行きました。
 …旅館の朝食ってなんでこんなに多いんだろ。いや、おいしかったけど、あとご飯が梅のお粥だったのですが、 それが非常においしくて。…ただ、おかずはご飯の方が良く合うなーと思いながら思う存分食べました。おいしかったですよー。

 食後、少し時間が余っておりましたので、にーちゃんを誘って海に出ました。砂浜はなかったのですが、 防波堤の上を歩きたかったんです。部屋に戻って着替えたあと、待ち合わせのロビーに到着。そこではじめて、 自分がスリッパであることに気がつく。…うわぁ、恥ずかしい。にーちゃん来てなくてよかったー。ダッシュで戻る。 ロビーに戻ると、にーちゃんが待ってました。ふと足元を見る。…スリッパ。なんで同じ失敗をするかなぁ?にーちゃんも ダッシュで部屋に戻っていきました。その後、海に出ましたが…途中で 2人そろって滑って転んだのは内緒(海には落ちておりませんよ。)コンクリートが海水に濡れるとトラップだぞ、気をつけろ!! あと、やっぱりごみが多くて悲しかったなぁ…

 さて、二日目の観光をするために、バスの乗り込みました。旅も終わりに近づいております。 次回



2004/11/5     新しいことを

 来週こそは!!FATEのネタバレレビューを!!
 というわけで、小説の更新でした。
 ちょびっとだけ遅くなった理由としまして。唐突に編み物を始めてみました。
 まさよしものごっつ不器用なんですが、「編み物をする女の子(もうそんな年じゃないけど)」という 絵柄にあこがれておりまして。そういえば高一の時、ビーズ細工にはまってたから、きっと出来るさ!!と思って 100均で毛糸と棒、本を買ってみました。
 で、帰って本を見てみる…今まで何度か編み物の本を見たことがありますが…これ見て出来る初心者がいるのか? つーくらいわからねえよ…矢印じゃわからん!!
 本来は、やっぱり人に教えてもらうものだよね、編み物って。直に指導してもらわないと無理だよ…(編み物のサイトにも そう書いてあったし)
 とりあえずその本に書いてあったサイトをのぞいてみた。 ここ
 …映像が動くのでわかりやすい!!それでも10回くらい投げ出したけど(どこに紐を通すのとかわからなかった)、 これなら何とかわかりました、わかる!わかるぞ!!!!

 で、5回投げ出し、3回最初の部分で解いて編みなおし…ようやく、形になってきました。面白いです。この先待ち時間が 増えると思うので(新幹線の中とか、コミケとか)その間に編み編みやろうと思います。 本をいちいち買うより節約になるしね。…おそらく身に付けられるようなものは作れないと思うけど…(今でさえ、 すでにひどいし)



2004/11/4     旅行日記(6)

前回の続き。

 部屋で待っていると、わざわざ仲居さんが迎えに来てくださいました。「お時間ですのでー」 って、すごいな。本気で一流ホテルでやんの。で、女子社員さんたちと一緒に宴会場に向かう。
 またにーちゃんと離れてたら嫌だなーと思いましたが、幸い隣の席が開いておりました。場所は典型的な 宴会場だったのですが…となりとの仕切りがいい加減らしく、隣の音が聞こえてくるよ…パラダイス銀河とか えらい懐かしい歌歌ってるよ…しかも妙に盛り上がってるし…
「なんであんなに盛り上がってるんでしょうね?」とつぶやいたら「きっとコンパニオン呼んでるんだよ」と 向かいの社員さんが答えてくださいました。なるほど。確かに若いノリノリのお姉ちゃんの声が聞こえる。
 …みたい、コンパニオンさんのノリノリの宴会を見てみたい!…とはいえ、まさかのぞくわけにも行きませんが(笑) ちょっと憧れますね、コンパニオン。
 かなり大きな宴会場で、正面には舞台もありまして。ついでに目の前には盛られたお刺身やご馳走が… 船に盛られた人数分の刺身…って、刺身の数ちょっと少なげなんですが、まぁいいか。 早く食べたいなーと思いながらも待つ。とりあえず社長の挨拶と幹事さん、旅行会社の人の 挨拶がありました。二年後は海外旅行だそうです。それまでは離婚はやめておこう。する気ないけど。業績次第では ヨーロッパになるそうです(と社長が言った瞬間、場がどよめいた)楽しみだ。

 そして、食事。船に盛られた刺身はどうするのかなーと思っていたら仲居さんがとりわけてくれました。 足りないのは、乗せられないからということで、あとから持ってきてくださいました。さすがに海の側だけ あって海産物がおいしい。…味はちょっと濃いめだった気が…
 しかし、途中で煮つけが出たのですが…大皿で出すだけ出してほったらかしはいかんと思うの。取り分ければいいのか 駄目なのかわからんじゃん。結局仲居さんが取り分けてくれたのですが…その頃にはすっかり冷めておりました。くすん。
 しかしこういう宴会場ってビールか日本酒しかないから、飲めるものなくて嫌だね。ぼんやりお茶を飲んでましたよ。

 そうこうしているうちに、舞台に子供が上がって騒いでおりました。結構大勢の子供がいるもんだ…と考えていたら、 社長が出てきて「子供と親の自己紹介」するように言い出されました。「どれだけ子供と親が似てるか比較しよう」らしいですが。 いや、まぁ、暇つぶしになっていいけど、親の顔なんて知らんっすよ。遠いから見えないし(そもそもコンタクト はずしてたし)ぼんやりと「なんか面白い自己紹介言わないかなぁ」と思ってましたが、そこそこ面白かったです。 そこそこですが。個人的には小学六年生あたりがつれてこられてたのが、かわいそうだったかな。男の子だったし、 舞台に上がるの恥ずかしそうだったよ。

 そして、その後、新人さんの自己紹介と余興が始まりました。新人さんは必ずやらなければならないそうで。 …にーちゃん去年、旅行行ってないんだよね…ばっくれ?
 余興はじゃんけんして勝ったら叩く、負けたら防御、というゲームでした。…ただ、なんつーか 段取りが悪すぎて…仕事で忙しいのは知っているが、もう少しなんとかなったと思うんだが。トーナメント 制にするか、場当たりでするかも決めてなかったしなんかいろいろ話し合ってたので…
 とはいえ、上司を叩くチャンス!と言わんばかりに社長だの教育係だのを指名して、しかも勝っていたのがおかしかったです。 結果優勝したのは、小学六年生の男の子でした(社長まで叩きのめしてましたよ…)若いってすごいね。

 おなか一杯食べました。とりあえずどうしようかね?と言いながらにーちゃんと宴会場から出ると、「虎王さん!」 と女性の声が聞こえる。三回くらい呼ばれ、素で「にーちゃん呼ばれてるよー」と思ってましたが、 どうやら私のことだったらしい。うわぁ、すっかり忘れてたよ。

 ちなみにこのあと、大部屋で飲むらしいが、にーちゃんにどうすんの?と聞くと「なんか仕事の 話したいから待っててっていわれました」とのこと。…哀れ、哀れだよ、にーちゃん。

次回に続く



2004/11/3     旅行日記(5)

前回の続き。

 「落ち着いたら連絡するから」とにーちゃんと別れ、私はほとんど話したこともない 人がいる部屋に向かうわけです。正直どっきどき。
 で、部屋に入ると、昼食の時にちょこっとだけ話した人なんがいて、ちょびっとほっとする。けど、向こうは 驚いていらっしゃいました。あれ?って。で、事情を説明すると同情されました。かわいそうーって。ふむ、いい人そうだ。 まぁ、知らん人がいて気を使うのは向こうも一緒だよな。とりあえず荷物を置く。 どうやらめっさ良い部屋。窓が二つあるのですが、両方ともから海が綺麗に見えるのです。 皆で大騒ぎしましたよ。で、落ち着いてお茶を入れようか?ってことに なって気がつく。テーブルにお茶が乗ってない…
 普通テーブルにお茶が置いてあって、良いところだとお茶菓子も置いてあったりするのですが…はずれ?と思ったところで、 仲居さんがくる。…なんと抹茶と茶菓子を持って!抹茶ですよ抹茶!しかもお茶菓子重箱に入ってるんですが…(重箱の サイズは枡くらい。二重になってるのが一人一つ。)丁寧に配ってくれたあと、 浴衣のサイズを聞かれる。どうやら150センチから5センチ刻みでサイズがあるらしい…びっくり。とりあえず 私も浴衣をもらって、抹茶を飲む。それが、苦くないんですよ。めちゃめちゃ良質な抹茶なんですが!! 本気で驚きですよ。お菓子も一つは甘すぎない饅頭、もう一つは甘く煮たしいたけでした。どっちもうまうまで、 上品な味わい。…部屋を見ても、思ったけど、もしかしてすっごくいい宿なんじゃ…
 で、味わっていると、幹事さんが入ってきます。どうやらこの部屋、定員8人なのに9人入ってるらしいので、 それの事後承諾にいらしたらしいです。…私のせいか、私のせいかーーーーーーーー?あやまりまくる。 まさよしさんのせいじゃないよー、と笑って言ってもらえる。嬉しい。
 そうこうしているうちに、自分たちと違うルート(スポーツルートと言うのがあった)の方も帰っていらして 「虎王の妻ですー。でも名前変更していないのできしといいます。どっちで呼んでくださってもいいですよー」なんて 自己紹介。にーちゃんの会社の雑談などをぼんやりと聞いてみる。
 そうこうしているうちに、にーちゃんから電話。これからお風呂に行くとのこと。せっかくなので、私たちも 行くことに。

 一人一人のタオル&はぶらしいれなんてあったりして、本当に細やかな気遣いが行き届いている感じです。 みんな浴衣持っていかないらしいので、私も浮きたくないので、下着とタオルだけ持っていく。

 お風呂場に入るとたまたま混んでいるタイミングらしく、洗い場が一つも開いてなかった。くすん、と思いながらも 待つ。幸いすぐ開いて、場所ゲット。
 私は基本的に旅行にはシャンプーもリンスも持っていかないたち(その分暇つぶしの本を持っていく)なんですが、 シャンプーとリンスがあり、洗顔用の石鹸が二種類(普通のと、オレンジ石鹸)その他、ボディーソープも二種類、と言うのは 相当にいい感じですよ。
 しゃこしゃこ髪と体を洗う。お風呂は中と露天の二種類。ならば、やっぱり外でしょう!すぐ向こうは海… なのですが、残念ながら立ち上がらないと海は見えません(まぁ、外から見えちゃうしね…)とはいえ、海に繋がる 空の色というのもなかなか乙なのですよ。もう夕暮れの時間でしたから、なかなか綺麗でしたしね。長風呂は苦手なのですが、 ゆっくりとつかりました。最初は混んでいたのですが、すぐに人が引き、にーちゃんの会社の人しかいなくなりました。 …とたん、泳ぐのはやめましょうよ…にーちゃんの上司さん…とはいえ、私もすすめられて、ちょっとだけ泳がせて いただきましたが…まぁ、お風呂は浅いから正確には泳げないんですけどね…

 出ると、化粧水も、オレンジ成分入りのさわやかな感じで…素敵でした。ドライヤーで乾かし、普通の服を着て戻る… 途中に、浴衣を着た、男性陣がおります。にーちゃんもおりました。隣に座ると、仲居さんがお茶と漬物 を出してくれました!キャベツの芯の漬物…非常においしかったです。…しかし隣に座ってるのに、にーちゃんが話しかけても 黙殺されたのが悲しかった…いやさ、いつものことなんですが、知らん人ばっかりでちょっと心がすさんでたのよ… 傷つきながら、一人でとぼとぼと帰る。ロビーに鍵を取りに行くとあったので、どうやら私が一番早かったらしい。

 部屋に帰ると、当たり前だが誰もいない。やっぱり今までの服はちょっと気持ち悪かったので、浴衣に着替えて 恒例の「避難経路調べ」に出発。これをやらないと落ち着かないんですよ、私。絶対やることにしてます。今まで何があった わけでもないのですが。で、近くに二箇所あったのでチェック。…しかしすることがない。本読んでてもいいんですが、 持ってきたのがファンタジー文庫なのが失敗でした。見られたらちょっと恥ずかしい。で、しかたないので、置いて あった雑誌を見てました。「温泉宿100選」置いてあった理由はここが載ってるから、なんですが、面白かったです。 おもてなしNO.1でしたよ、この宿。…じゃあこの先、これ以上にはめぐり合えないということか!!まぁ、温泉宿、なので、 温泉がないところは載ってないんですけどね。関西地区は5個くらいしかなかったし。
 帰ってきた人たちと夜の海を眺めたり、たるたるな会話を交わしながら、ゆっくりと夕飯の時間を待ちました。 次回に続く



2004/11/2     旅行日記

前回の続き。というか、 とっとと終わらせたいあるよ…

 ロープウエイから戻り、そこからバスで一時間揺られることになりました。その道のりは 天城峠を越えるほど、長い道のりになります。
 で、またぼんやりと寝ようかなーと思いながらも、そうはいかなかったのが、旅のハプニング。
 …えっと、ものすごいバスガイドさん新人なんですが。つか、ひどいよ…
 いやね、誰にでも新人と言う時期はある。バスガイドとして、名所名所をバスガイドの手引きをそのまま 「読む」のは可か不可か知らないですが、まぁ、いいとしよう。それで棒読みなのもまぁいい。 個人的にはせめて暗記してほしいと思うが、まぁいい。(個人的に、そゆ暗記は得意。年号とか覚えるのは 大の苦手だが。)
 ただ、せめてさ、読めない文字にルビをふっとくくらいの努力は必要なんじゃない?プロとしてさー。
 いやぁ、さすがに「多勢に無勢」を「たぜいにむぜい」と読んだ時は全員で突っ込みいれましたよ。人名が 読めなくて、たとえば「山口昭英」を「山口…さんという人が」とごまかしてしまった時は笑いましたよ。
 修善寺物語のあらすじをそのまま読むのは、いいとして(他の人にはすっごい評判悪かったけど、私は いい暇つぶしになりましたので…知らなかったし)最後が全部「○○でございます」「○○したのでございます」 なのは、さすがに鼻につく。

 そしてなにより、天城峠でリクエストされてない天城越えを歌うのはやめなさい。「 歌いたい方いらっしゃいますか?…では私に歌って欲しい方いますか?」ってさ、ふるのやめて欲しかったよ。 疲れてるんですよ、まぁ、一応付き合って、拍手してあげたら歌いだしたのですが…うちのまざーに比べるのやっぱ 下手だった(まいまざーは歌がうまい。天城越えは十八番。)のは、まだいいとして、途中で「今日は 声の調子が悪くてこれ以上出ませんので、…また明日歌わせていただきます…」ってさ、歌えないならふるのやめりゃ いいのに。まぁ、新人だから臨機応変聞かないのかなーとぼんやりと思ってました。バスの中の空気は寒々しかったですが。

 そんなこんなで宿に近づいてまいりました。そこで、宿の部屋割り発表。果たして私はにーちゃんと同じ部屋なのかなぁ と聞いておりますと…呼ばれないのですが、私。とはいえ、にーちゃんが男集団部屋でしたので、おそらく違う部屋なんだろうな。
 宿に着き、降りて聞いてみたところ、どうやら私はやはり女子社員部屋に入れられたようです。うむ、少し鬱。とはいえ、 仕方ありません。ついた宿は「稲取銀水」という宿。かーなーり綺麗な宿です。ここにほぼただで止まれるのだから 仕方がない。ちょっとがっくりしながらも、宿に入ります。…ロビーで大量に宴会の飲み物持ち込もうとして止められている 幹事さんを尻目に。…ちょっとせこい?ここ?

次回に続く…




2004/11/1     …疲れた…

 今日は年賀状の発売日…よりにもよって、なんだって月曜日なんだーーーーーーー!血反吐吐くかと 思いましたよ・・・

 さておき、皆様、結構みーはー?いや、私もたいがいそういうところがあるのですが、 皆様結構新札欲しがっていらっしゃいましたよ。関東圏内なんだから、日本銀行に行けば良いのに。 郵便局はちょっとずれてるんですよね。お金は銀行券ですから。
 私も、全然興味なくても、芸能人を見たらなんとなくうれしくなる程度のみーはーなのですが、 お金は…まぁ、そのうち嫌でも見られるしなーと思って、あんまり関心がなかったり。 とはいえ、新一万円札(ちょっとリニューアル)をみて、なんとなく嬉しくなったあたり、一緒かしら?
 さて、明日も忙しいんだろうなぁ…ちょっとげっそり。ふうやれやれ…

前へ メニューへ HPトップへ 次へ
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット