2月下旬の日記へ メニューへ HPトップへ



 朝は6時起床。前日の鍋の残りで雑炊を作りながら身支度&皆を起こす。kkjetさんは自然に起きてきましたが、 10時半に寝たあさぎさん、なんであんた最後まで寝てるんですか。「もうちょっとー」いや、ずっと ここで寝てるというなら止めないよ?
 さておき、なかなか上手くできた雑炊を食べて、出発。駅に着いたのは7時15分でした。この時点で開場前に 行くのは不可能になりました。
 とりあえず計画を練る。怖いものが大キライな私と、大好きなほか三人。ゆえに私がインディ・ジョーンズの ファウトパスを取っている間に、他の三人が一番怖いとされるセンター・オブ・ジ・アースに並ぶ。その後、合流できそうなら 一緒に乗る、無理だったら三人で乗ってきて、と頼むも、
あさぎさん:「大丈夫だよー、きっとおもしろいよー平気平気、USJのジュラシックパークにも乗れたじゃん。」
 昨日のランドで真っ先にビックサンダーのファウトパスをとりに言った貴方に言われても…
kkjetさん:「うむ、じゃあGWには富士急ハイランドにでもいって、強制的に乗せましょうか。」
にーちゃん:「そんな甘い事が許されると思ってるんですか、貴方も乗るんです。」
 …あんた達の薄情さは、私は生涯忘れません。結局2時間ほど交渉するも、むしろ私の嫌がりっぷりが面白いのか、 まったくもって許してくれません。つーか怖いんだって!!(最初にセンター・オブ・ジ・アースに行くのも、 私が乗った際に二番目に怖いのにのってへたれると、一番怖いのが乗れなくなるからだったりするのですが。)
 そして、舞浜につき、ディズニーリゾートラインに乗る。シーは徒歩で20分、リゾートラインでも20分くらいなので 徒歩の方がお得っていえばお得なのですが、迷ったら元も子もないので、乗る。
 
リゾートライン

 これがディズニー用で可愛いんですよ(これは夜の写真ですが)つり革も、窓も全部ミッキー。いや、 私は別にミッキー好きじゃないんですが、凝ってます。ちなみに結構空いてました。
 降りたとたんかなり偶然あさぎさんのお母さんに再会する。私が涙ながらにあさぎさんの慈悲のなさを 訴えると「頑張ってね」の一言。…みんな薄情だ。

 そして入場。前には
地球儀


 大きな地球儀があって、なかなか綺麗。とりあえず私がインディ・ジョーンズまで行く。 …ああ、できればセンター・オブ・ジ・アース、とっとと奥まで入ってくれたらいいなーと思いながら 歩いていると、
 
地中海風 地球儀


 凄く景色が綺麗なことに気がつきます。だいたい地中海のあたりをイメージしているのでしょうか、ああ、シーは 大人用、というのはこういうことなのかなぁと思っています。
 シンデレラ城がランドの中心なら、シーの中心は巨大な火山です。でっかいです、どっからでも見えます。ただ不思議と 雰囲気をつぶさないのが不思議ですね。
 …ところでそのてっぺんで「きゃー」って言う悲鳴が聞こえてんですけど?あれに乗れと?あやつらに慈悲はないのか!!

 さておき、その山を越え、未来都市みたいなところを横切ります。
未来都市


 ここは何度も来る事になるのですが、ちょっと行っただけでころっと風景が変わるのが面白いですね。

 で、そこを潜り抜けるとまた風景が変わり、中米みたいなところに着きました。
ピラミッド


 ここは大きなピラミッドがあり、一発でインディ・ジョーンズだとわかります。 (ちなみにここは写真ポイントで、スゴイ人が並んでました。)とりあえずファウトパスをゲット。一時間後です。
 さて、ゆっくり帰ろうかのう、と思い火山目指して歩いていると電話あり。出てみるとにーちゃん。
にーちゃん:「パス取れましたか?」
私:「うん、取れたよーどしたの?」
にーちゃん:「こっちは70分待ちです。合流が難しそうなので外で待ってます。」
私:「…ならんどいて下さいよ…」


 心の涙を流しながら、火山へ急ぐ。入り口で几帳面に待ってやがった3人に膨大に文句をいって、山の洞窟 見たいな所、センター・オブ・ジ・アースに並ぶ。

 中は洞窟の中。秘密の研究所っぽい感じ。

研究施設


 かっこいい。確かに途中合流は難しそうですね。あと、中に並ぶので熱さ寒さが気になりません。
 そしてその中でも往生際悪くぎゃーぎゃー言ってたのを意に解さず皆は進む。
にーちゃん:「がんばればお昼おごってあげますから」
私:「やったぁ!…じゃなくって!」
あさぎさん:「はっはっはー喜んだもの負けだねー。…ところで虎王君(にーちゃんのこと)なんていったの?」
私:「聞いてなかったんかい…」
 そうこうしているうちに、なんかかちょいいエレベーターに乗って、上にあがる。―――上がるなぁぁぁ!!(落ちるのが 嫌)
 するとライドが見える位置に着く。いまだ帰りたい私に、「スペースマウンテンと違って、途中で逃げられる道がないですから、 大丈夫ですよ」などという慰めを受ける。が、怖いものは怖いんだ!!
 ライドは車型…そんなに安全バーが強化されているわけではないみたい…どきどきしながら(泣きそうになりながら) 乗る。一番前に乗せられそうだったのを「いや――!」と言って、あさぎさんたちに譲る。
 最初は地底探索。鉱石があったりして綺麗。ただ、そのうち化け物が出てきたりして、どんどんスピードが上がる。 ああ、怖い!!落ちる、絶対落ちるんだよ!!そして、一気ののぼり、ちょっと落ちる。ああ、これは序の口、多分 もう一回落ちるんだ!!…と思ったら、それで終わり。
 …なんだ、全然怖くないじゃん。つーか、それだけ?本当に終わり…というあっけなさを置き去りに、私達は ライドを降りました。


 このまさよし@へたれが断言します。怖くないです、つーか別に絶叫系じゃないです。情報系のHPに「怖いから まだ乗ってません」「面白いです」くらいの表現しかなかったので、絶対怖いと思ったのですが、 ここに断言します。ぬるいです、絶対大丈夫です。むしろ私くらいのへたれにお勧め。あと、どっちかというとUSJ っぽかったな。びびって損した。


 さておき、今度はインディに向かう。これはハイ・スピード系とのこと。ただ、他に情報はない。飛ばされやすいと言ってるから、 映像系ではないだろうけど…とりあえずへたれとして気になるのは「落ちるか否か」と言うこと。
 中はインディ。ジョーンズの雰囲気を出すため、遺跡風。
鏡


 遺跡の鏡だったんですが、光の具合で、すっごい神具の魔法の瞬間みたいに取れました。かっこいいです。
 これもライドは車型。こっちは安全ベルトでもうちょっと大丈夫そう。インディジョーンズの世界を見学する観光客という 設定。無事若さの泉をみつけられるか…って、前に乗ってる小学生は見つけちゃいかんでしょう。
 これも最初は綺麗。ただ、そのうち「お前達、何をしているかわかっているのか!」と怒鳴り声と共に色んな 罠を潜り抜け、スピードをあげていく。いきなり火がこっちに吹いてきたように見えたのはびっくり。偽物 なんだろうけど…結構リアル。
 ただ、怖くない。どう動くかがわからんだけで、危険はないです。がたがた言うだけ、雰囲気を楽しむだけで、 絶叫とかではない。証拠に最後に写真が写されるんですが、前の客が立ち上がってピースマークしてたもん。


 その後、残念ながら海底二万マイルが休業していて、ご飯を食べに行く。近道にエレクトリックレールウエイという 鉄道に乗る。
 これは2駅あって、アトラクションと言うよりも交通手段。しかし遊園地のアトラクションと言えど、2駅以上あると 鉄道としての認定を受けなきゃいかんらしく、結構本格的。景色もよく見えました。「あ、あれなんだろう。 結構普通の家っぽいけど…」と言うと車掌さん(女性でした)「あれは漁村をイメージしてます」みたいなことを 言ってくれたりする。結構お勧めです。

 目的地はセイリングデイ・ブッフェ。私が最近ブッフェ食べてないと希望してのことです。ちなみにブッフェとは バイキングの事です。
 で、時間は10時半。けっこうまだ空いてるこの店は、港の開港記念のパーティーに招待されたという設定。 料理はかなり大量にあります。なんか妙な所に妙なものが置いてあったりするけど…(なんで料理の所に アップルパイが?)
 ふとそこでトイレに言ったら、ネックレスが外れていた事に気がつきました。結構気に入っていたのだが… ぬう、まあ仕方がないな。多分、アトラクションのどっちかで外れたんだろうなぁ。そんなわけで センター・オブ・ジ・アースかインディ・ジョーンズで紫の石がついた天使のペンダントをみつけたらそれは 私が見つけたお宝です(笑)
 料理はかなりおいしく、お肉がお勧め。あとケーキがうまうま。満足行くまで食べられます。そのあと しばらくおなかが空かないので効率的に動けると言えば動けるかも。ちなみに一人2300円です。(ドリンク 付き。)


 その後、適当にどこ行こうか迷っていたら、水上ショーの最前列に着く。「最前列はここです」と 場所取りしてる近くでキャストのお兄さんが言う。「何時からですか?」「二時半からです」 …ただいま12時。あんたら、そんなに待つつもりか?

 ということを無視して、結局マーメイド・ラグーンに到着。

マーメイドラグーン


 あんまり判らないと思うんですが、すごく外見凝ってます。よくできてます。見たことないんですが、 多分リトル・マーメイドの宮殿なんでしょうね。
 ここは屋内遊園地みたいな感じで、海底に関する何個かのアトラクションが中にあります。結構暗いです。 子供むけのものが多いかな。
 
マーメイドラグーン

 こんな感じで、綺麗なんですが、結構気をつけなきゃいけません。。その中で、 うろうろして、結局ジャンピング・ゼリーフィッシュに乗る。15分待ちだったので。
 
くらげ
 こんな乗り物にのって、ただ上下するだけ…意味ねー!!つーか本当に意味がない乗り物。 何のためにあるのか、そして何のために並ぶのか。理由も判らぬまま、ただひたすら並び、ふよふよする 微妙な楽しさにむりやり酔ったふりをして楽しみます。

 そのあとアリエルのプレイランド。リトルマーメイド・アリエルの遊び場、という感じなのでしょうか。疲れた 親がここに連れてきて、座って子供を見守るくらいなものでしょうか。イメージとしてはデパートにあるような 子供の遊び場のでかいばんくらいです。仕掛けが細かくて面白いけど、別段語る事はなく、私達みたいに 「おなか一杯ではげしいのはちょっと…」「特に乗るものもないしな」「なんか寒いし…」というのでも なければ中学生以上の人は(好みにもよるけど)結構つまらないかもしれません。リトル・マーメイドが 好きなら面白いかもですが、小学生むけですね。ただ、アスレチック(というより縄の橋を渡るだけ)が 私のみスカートでいけなかったのが残念でした。下から丸見えなんだもん…


 その後私の好みで「フライダーのフライングフィッシュコースター」という子供むけのコースターに乗る。30分待ち。 これは、人気があると言うより、シーのアトラクションの少なさが原因だと思います。私はぬるくて好きなんですけど。 これは落下はほとんどなく(子供向けだし)ただ、ちょっとスピード出してくるくる回るだけ。ただ、結構「やほーい」 とか声がでる面白さ、たまらん。


 その後、あさぎさんの希望により水上ショーへ。…しかし人ごみの後の方で、ほとんどみられなかったのと、キャラクターに ほとんど興味がなかったのであんまり…せめて30分前からいい場所とってないと駄目でしょう。
 ただ、途中で飛んだ凧がすっごく綺麗に飛ぶんですよね、これ、感動しました。スゴイ、綺麗。あとキャラクター一匹 一匹に船があって、端的にキャラクターを表現してて、綺麗でした。ところでミッキーとミニーって結婚してるの?


 その後、これも私の希望「アクアトピア」シー版のプーさんのハニーハントという説もありますが、ただ、どこにどういう ルートを通るか判らなくてびっくりする、というだけの代物です。ハニーハントみたく、なにか見られるわけではなく( 渦巻きとか滝とか噴水とか作ってあるけれど)ただ動くだけです。プーさんのほうが面白いとは思う。こんな ライド(二人乗り)
アクアトピア

 ただ、別に面白くないわけじゃなく、奇想天外な動き、前の人とは違う動きによって非常に笑える。最低でも4回は乗らないと 全ルート制覇できないはず。くるくるまわり、引き戻され、うしろにすすみ、途中に止まる…30分待ちでしたが、 待つかいはありますね。面白い。


 その後、お茶をちょっと飲み、ストームレイダーのファウトパスをとって シンドバット・セブンヴォヤージに向かう。地中海、未来都市ときて、ここは ペルシャのイメージらしい。不思議なことに、見事に区切られていて、互いの殺しあわない素敵設定。
 途中でプルート?にあう。
私:「おお、とりあえず殺しておかねば!!」
あさぎさん:「こらこら!なんで!」
私:「なに言ってるの!ここはミッキーマウス独裁帝国!この中の料理なんかの値段が妙に高いのも ミッキーが税金を上げているせいよ?ミッキーのミッキーにおける、ミッキーの為の政治!この国の外で ミッキーを使うと激しく罰せられるのも、ミッキーを慕わない人間には厳しく、完全にミッキーに支配されている 独裁国だからよ!国民はミッキーから国を取り戻し、自由を手に入れなければいけないのよ!そのためにはまず、 手下から攻撃は基本でしょ?」
あさぎさん:「なるほど…てか勝手にクーデター起こしてるんじゃないよ!」
 お前も納得してるなよ。

 さておき、シンドバット・セブンヴォヤージにはいる。15分待ち。これはイッツアスモールワールドと、 カリブの海賊のように、シンドバットのストーリー演じる人形をを船に乗って見ていくストーリー。待っている 所に冒険に出る前のシンドバットの生活が書いてあるんだが…贅沢を尽くして、金が尽きる前に 反省して、旅立つのはいいとして、シンドバット、あんた商人なんだから、冒険で稼がず、地道に商売しようという 気はないのか?
 内容はなかなかいい感じです。イッツアスモールワールドよりは(趣旨が違うけど)迫力があって綺麗だし、 面白いです。ただ、人形、話すんですが、声とタイミングがあわず、ほとんど聞けなかったのと、前の船に追いついて、ぶつかって しまうのはどうかと思うんですよ。等間隔に出発してるはずなのに。しかし結構面白かったです。


 そのあとペルシャの建物にはいり、見学。しかし、
ぼうし

 この帽子はないと思うんだが。


 そのあと、もう一回アクアトピアに乗ろうと思ったら故障中。ストームレイダーはまだまだ時間があり、他に乗るものもないので、 見物している(上の写真はこの時のです。ゆえに、水がちょっと少ないです)
 なかなか仕組みがわかって面白いです。水入れたりぬいたり、おお、あの岩、開くんだ!とか。しかし、 故障したときお客さんはどうやって移動するんだろう…その瞬間が見たかったです。
 その後、30分くらいで再スタート。すぐ並ぶ。今度は逆側で。すっごいすぐ入れましたが、終ってみると思いっきり 並んでました。人気ね。


 次はストームレイダー…ただ、この時間になってくると、冷えるんです。凄く。私スカートの生足だったので 大変でした。ああ、ミッキーの耳あてが売ってるのはそのせいか。シーは海の側のせいでしょう。 着ようと思った服より一枚多めに着ていったほうがいいです。予想以上です。夏はいいかも(それでもはおる ものはあったほうがいいです。寒いです)
 にもかかわらず、なぜか列が動かない!どうやら故障があったみたいなんですが、説明無し!寒いわ!!!外なんじゃ!!
 やっとの思いで建物の中に入ると、テレビでなにやらやってます。パイロットの一人が、
声:「えー、乗客まだかよー」
私:「こっちが言いたいわ!!」
あさぎさん:「まさよしさん、ナイス突っ込み!!」

 さておき、ストーリーは竜巻の中に入って竜巻を爆弾で破壊する飛行機に私たちが乗る。ただ、そのパイロットは 破天荒で…という感じ。映像系です
 で、席につくと、目の前にスピーカーみたいなものがある。ははーん、これから水が出るんだな。と思いきや。
 雨(水です)が上から降ってきた―――やられた!しかも、天井突き破って爆弾!!?
 意表をつかれましたが、外に出たら寒かったです。


 その後、適当に食べて、お土産を買って…残念ながらkkjetさんは夜行バスに乗り遅れると言うアクシデントが あったらしいですが、とりあえず楽しい一日でした。


 ただ、やっぱりランドのほうが上だなー。アトラクションが少ないんですよね。いやあ、船に乗ってみてまわるというのは 結構あるので、のんびりさんにはお勧め。小さい子供(小学校低学年)がいる家庭か、ものすごく大人くらいでしょうか。 向いてるのは。ショーが中心で、じっくり見たい人にはお勧めでしょう。私たちみたいに「アトラクションに乗りたい!」 という人たちにはちょっと物足りないかもしれません。私たちは行かなかったんですが、アラジンのショーが凄く お勧めらしいです。
 で、私が「どっちがいい?」とどっちも行った事ない人に聞かれたら…私はランドをオススメします。でも 楽しかったです。今度は海底二万マイルに乗りたいです。


2月下旬の日記へ メニューへ HPトップへ
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット