終わらないお伽話を
 〜 闇の煌き 〜



 一瞬にして風が消え、糸が切れたようにリュシアが落下する。
 セイは駆けだし、地面に落ちる直前でなんとかリュシアを抱き止める事に成功した。
「リュシア!」
「リュシ、ア?」
 セイの後から声をかけるトゥールとサーシャの声にも反応せず、リュシアの目は開かれず眠っているようだった。
「…とりあえず生きてはいるみたいだな。」
「そう、良かった。」
 サーシャはその場で息を吐く。トゥールの影に隠れていたとは言え、冷えてこわばった体はなかなか動かない。 トゥールもそれは同じらしく、二人でその場に座り込んだ。

 冷風を浴び続けた体は、なかなか動かない。どこか凍傷になっているかもしれないと思いながら、トゥールはゆっくりと 体を日に当てる。
「…でも、なんだったんだろ…あれ。リュシアなのか、リュシアの中に、誰かいたのか…。」
「漂う魔の力を利用して、一時的に流れる血の力を増幅させ、擬似的に人格を作り上げた…?」
「なんだそれは。」
 サーシャの言葉に、セイは振り向きもせず問う。サーシャは中の声を思いだしながら、自分なりに 噛み砕いて説明してみる。

 考える事が怖くないと言えば、嘘になる。
「…私にも分からないけれど、…私の中の『何か』がそう言ったの。」
 優しい声だった。そして、絶対的な声でもあった。自分の声のようであり、自分ではない声。 内に眠る、何か。
「何かって、前、オーブについての事教えてくれたりしたやつ?」
 トゥールの言葉に、サーシャは少しだけ首をかしげる。
「分からないわ。だって今まで、それを意識した事がなかったんだもの。…でも、私の中に、何かいて、 それがそう、言っていたの。」
 体の中に何かいて、それが自分をのっとろうとした。それを意識するのは、恐ろしい事だった。
 だが、今はその恐怖を後ろに回して、サーシャは話を続けた。
「多分、リュシアのは…私のそれとは、違うわ。魔力で体が振り回されて気持ちが 高ぶったのを利用して、リュシアが、エリューシアの振りをしてたってことなのかしら…?」
「ああ、つまりお酒に酔って別人になりきってたみたいな感じかな?」
 トゥールの言葉に、サーシャは少し顔を引きつらせる。
「…いや、私にも良く分からないけど。…そうなのかしら。」
「ともかく、リュシアはリュシアってことだな。…酔ってたんなら覚えてないんだろうな、さっきまでのこと。… その方がいいな。」
 セイの言葉に、サーシャは顔を暗くする。
「でも、ちゃんと話さないと。…私は、ちゃんと話したいの。」
「僕は、聞きたいかな。リュシアに。…ずっと僕のことばかり話して、リュシアの事はあんまり聞いてない 気がするんだ。」
「…そうだな。目が覚めたらそうしろ。」
 セイはそう言うと、ゆっくりと立ち上がった。

 セイの胸の中のリュシアは、いまだ気を失ったままだった。セイはトゥールたちに背を向けたまま歩き出す。サーシャは まだ動かない体をいらだたしげに思いながら、焦って呼び止めた。
「セイ、どこにいくの?」
「宿屋に寝かせる。あそこはまだましだろう。」
「…あのさ、セイ、もしかして、さぁ。」
 トゥールが遠慮がちに口を開く。
 最後のあの言葉。ヤヨイさんの言葉と合わさる。ずっとセイが口に出していた黒髪へのコンプレックスを 思いながら、おそるおそる口にする。
「…リュシアの事、好きなの?」
 セイの足が止まる。まるで凍ったようだった。しばらくして、意地の悪い声が聞こえた。
「…リュシアが何を見てたのか、教えてやろうか?」
「なんのこと?」
「…今のお前等の姿、見てみろよ。」
 サーシャがハッとなって、マントから手を離す。 マントの根元にしがみつくその様は、斜め上から見れば、トゥール自身に すがりついていたように見えなくもないだろう。
「ま、そんなわけで今回の件でお前等の質問の権利は認めない事にする。じゃ、後でな。」
 振り向かないセイの耳が、わずかに赤らんでいたのは、トゥールの気のせいだろうか。セイはそんな茶化した声で ごまかして、宿屋の方へと歩いて行った。
「わかった。体が温まったら僕達も宿屋に行くよ。」
 暖かな日の光が、冷たい体をゆっくりと溶かそうとしていた。


前へ 目次へ トップへ HPトップへ 次へ
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット