終わらないお伽話を
 〜 君主論 〜



 そうして、トゥール達は変化の杖を持って、再びこの地に訪れた。
「ほう…まさか本当に手に入れてくるとはなぁ…。」
 トゥールが手にした変化の杖を見て、ワットは目を細めた。
「はい、ちゃんと王様から許可を得てきました。」
「ふむ、では…。」
 ワットが手を差し出すが、トゥールは首を振った。
「これを貴方に渡すのはかまいません。…けど、約束できますか?これを、悪事に使わないと。じゃないと 渡せません。」
「渡さないとな?ならばこちらも、船乗りの骨は渡せぬぞ。」
「かまいません。」
 トゥールはきっぱりと言いきった。

 ワットは意地の悪い笑みを浮かべる。
「なかったら困るのではないのかな?」
「困ります。でもこれを貴方に渡すことで、悪事に使われるのはもっと困りますから、渡しません。 船乗りの骨を諦めて、別の道を探します。」
「ふむ、真に欲張りじゃのう。どちらかで妥協せんか?」
「しません。…勇者って、そういう者ですから。それが、正しいかは分かりませんけれど。」
 トゥールとワットはしばらくにらみ合いをした。そして、
「はっはっはっは!せんよ!悪用なんぞ!わしは自分のためだけに生きると言ったろ?この場所で適当にギャルにでも 化けて楽しむだけじゃよ!!」
 シリアスな空気をぶち壊したワットに、セイは頭を抱えた。
「…じーさん…。まぁ、トゥール、仮にも青眼のワットだ、他人から貰った道具使って悪事なんざしねぇよ。」
「セイがそういうなら、そうなんだろうね。…じゃあ、渡します。」
 トゥールは変化の杖を渡す。中央の青い玉がきらりと輝いた気がした。
「じゃあ、これを持っていけ。」
 ワットは手元に置いてあった布の袋を投げた。中を覗くと、そこにはなにやら文様がほられた人の骨。トゥールは 小さく笑った。
「ありがとうございます。」
「ところでなぁ…そっちの黒い髪の嬢ちゃん?」
 ワットは好々爺の顔でリュシアを見た。
「リュ、シア?」
 今まで他人事だと思っていたリュシアが、驚く。
「あんたは腕も細いし、見たところ気も弱そうじゃ。…辛くはないか?この勇者さんについて旅をするのは。」
 トゥールはようやく気が付いた。これは『試し』だったのだと。
「…………辛い事もあるけど、楽しいから。」
 しばらく考えた後、リュシアは控えめな笑みを浮かべた。
「そうか。いい答えじゃな。…トゥール。勇者の仲間たち。どうかよろしく頼むな。…セイ、死ぬなよ。銀はまだ 会いたくないと思うからな。」
 ワットは頭を下げた。


 結局、四人はそのままギーツの町に向かうことにした。
「イエローオーブあればいいんだがな。」
「そればっかりは分からないからね。でもそろそろ様子を見に行ったほうがいいと思う。」
 リュシアは横で、ずっと悩んでいた。ギーツには会いたくないが、ここで待っているのも嫌だった。
「まぁ、さっと言ってすぐ帰ればいいだろう?いつまでもほっておくわけにはいかないんだ。」
「…うん…。」
「大丈夫だよ、リュシア。待ってても大丈夫だし、何か言われたら、ちゃんと守ってあげるから。」
 さらりと言われたトゥールの言葉に、リュシアは一瞬呆け、そして頬を染めて頷いた。セイがため息をつく。
「…トゥール、あんまり甘やかすなよ。なぁ、リュシア。お前がギーツを嫌いなのは、 生まれになんか言われたからだろう? もう分かってるんだからいいじゃねぇか。それになぁ、リュシア。普通に考えて、多分お前の方が強いはずだ。」
「…強い?」
「嫌な事言われたら、死なない程度に呪文ぶっ放せよ。それでもう言わなくなるだろ。」
 そう言われて、真剣に考え込むリュシア。眉間にしわを寄せている。
(…そんなに嫌いなのか…。)
 まぁ、正直好きだと言える人格ではなかったが、リュシアがここまで執着するというのはどこか珍しい。
「…なぁ、サーシャ、…サーシャ?」
 見ると、サーシャはリュシアの横で、同じように眉間にしわを寄せて考え事をしていた。リュシアがやると どこか可愛らしいしぐさが、サーシャがすると世界の深遠を思うような、どこか美しく深い思いを抱かせる光景になる。
「…?サーシャ?どうしたの?」
 トゥールもそれに気が付いたか声を上げると、サーシャはやっと考え事をやめた。


 三人がいぶかしげな顔をして、こちらを見ている。
「あ、や、ごめんなさい。聞いてなかったの。何?」
「何って…いやたいした事話してないんだけど、何考えてたの?」
「…色々、オルテガ様の事とか…。」
 トゥールは少し呆れた顔になったが、セイはその言葉に突っ込みを入れる。
「想い人を思ってたにしては、表情が険しかったが?」
「悩み?」
 なおさらに詰め寄られ、サーシャは考える。今ここで口にして良い事かと。悩んで、口にする。
「…トゥールが、ワットさんに『勇者は欲張りだ。父さんもそうだった。』って言ってたじゃない。 あれは、どういうことなのかしら、って…。」
「あー、うん、あれか。うーん……。」
 今度はトゥールが悩みだした。サーシャはどこか切なげな顔をしている。
 勇者オルデガと言えば、世界の為に身を粉にして戦い、そして散っていった英雄というのがサーシャの、 いや、アリアハン全ての人々の認識だった。
 それが欲張りだと言われても、ぴんと来ない。それこそ『勇者』にしかわからないことなのだろうか。
 …平和のための生け贄にしか。
 そんなサーシャと、そして同じく少し困惑しているリュシアの為に、トゥールは結局表の発言をした。紛れもない 真実を。
「自分の周りの平和だけじゃなく、世界中の平和を望むって、ものすごくわがままだと思わない?自分だけの 平和じゃ満足できないんだ。…これって、凄く贅沢でわがままだよね。」
 にっこりと微笑むトゥールに、嬉しそうに笑うリュシアと、少し複雑な表情をするサーシャ。そんな 三人を見ながら、セイは頭を掻いた。


前へ 目次へ トップへ HPトップへ 次へ
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット