終わらないお伽話を
 〜 王者と勇者 〜



 今まで固く閉められていた扉が、突然内側から押し開けられ、扉を叩いていた数人が転がった。
「な、なんだ?」
 すっと音もなく出てきたのが、まだ若い黒髪の少年だと知って、転ばされた町人が唖然としている。
「話を聞いてくれませんか?」
 大きくはあるが落ち着いた声で、トゥールは皆に語りかけた。
 ギーツと言う言葉を聞いて、転ばされた町人の内、気の短いものに火が付いた。
「お前に用はないんだよ!ギーツを出せ!!」
「邪魔だ!そこをどけ!」
「どけません、ギーツは逃げませんし、逃がすつもりもないです。ただ、僕の話を…、」
 トゥールの言葉をさえぎって、誰かが叫んだ。
「おとりになって逃がすつもりだ、取り押さえろ!!」
「え、違う、」
 おそらく血の気の多い男たちだろう、三人ほどが斧や鍬や棒を振りかざしてきた。
「ギーツの手先だな!!」
「小僧は黙ってろ!!」
 トゥールは一瞬体を沈めると、その勢いのまま、一人の男のどてっぱらを手加減しながら殴りつける。そのまま肩を抑えて 飛び越えながら地へと沈め、襲いかかってきた別の男の頬にこぶしを入れる。そして大地に降り立つと、後ろから斧を 振りかざした男の腰に蹴りを入れた。
 あっという間に三人の男が大地へと転がった。そのあまりの出来事に、助けようとした男たちが唖然と こちらを見た。
 トゥールは地面に落ちた武器を遠くに置いて、よろよろと立ち上がってくる男たちと、呆然としている 町の人たちを見た。
「えっと、怪我はないですか?…話を聞いてくれませんか?」
 よろよろと町の皆の所へ帰っていく男たちと、黙り込む反応に肯定と見なして、トゥールはまっすぐ前を見て、 皆に呼びかけた。


「…始まったぞ。」
 横に入るサーシャとリュシアに、セイがささやく。
 サーシャとリュシアも扉に耳をくっつけながら頷いた。
「…リュシア、いざとなったら俺がギーツを投げ込むから、トゥールを捕まえてルーラだぞ。」
 リュシアはちらりと後ろに視線を向けて頷いた。その視線の先には、グルグル巻きになったギーツがいる。
 もはや抵抗する気力もないのかぐったりとしたまま、時折「オレは悪くない」とつぶやいている。
 サーシャはただ、神に祈るように両手を合わせた。


「僕はトゥール=ガヴァディール。アリアハンから来た勇者で、ギーツの幼馴染です。」
「ベルナルドだ。…望みはなんだ。」
 簡潔にそう問いかけてきたのは、劇場であった壮年の男性だった。
「ギーツを殺さないで下さい。…お願いします。」
 トゥールは頭を下げた。ベルナルドはおそらくこの 反乱の首謀者なのだろう。トゥールの様子をじろじろと見ながら尋ねる。
「お前は勇者と聞いた。なぜあのギーツの為に頭を下げる?あいつはこの町を腐らせた。自らの欲望の為に 町の人間を家畜のように扱い、税で私腹を肥やした。我等がそれにどんなに苦しんだかわかるか?」
「わかります、とは言えません。僕はこの町に住んでいたわけじゃありませんから。でも、ギーツの家を見て 想像する事はできました。」
 馬鹿正直に答えるトゥールに、ベルナルドは不思議そうに聞く。
「ならば何故、ギーツを許せと言うのだ。知りあいだからか。お前が知り合いだという理由で、俺達にギーツを許せと いうのか?」
「違います。…皆さんはこの町が好きなんですよね。」
 トゥールの言葉に、前にいる皆が頷いた。
「そうだ、俺達はこの町が好きだ。」
「歴史がないが、皆で作り上げた町だ。俺達が歴史を作っていくんだ。」
「だからこそ、暗君ギーツを許しておくわけにはいかないんだ!!」
 そう声を上げて武器をかざす町の人々に、トゥールは声高く呼びかける。
「だからこそ、この町の歴史を血でぬらすようなことをしないで下さい。」
 その言葉を聞いたとたん、燃え上がった人々の闘志に水を注いだ。
「この町の歴史の最初が血で始まれば、必ずその後も血塗られる、僕はそんな気がするんです。皆さんが この町を愛しているなら、どうかギーツの血でこの町を汚すようなことはやめてください。皆さんの 手を血で穢すのはやめてください。」
 静まり返る町。トゥールはつい先日のことを思いだしながら語りかける。
「皆さんの手は、この町を作るための手です。人を切るための手じゃないはずです。僕は皆さんに そんなことをして欲しくないんです。」
”勇者の手は、人を仇なすモンスターと魔族を切る手よ。人を切る手じゃないと思うわ。”
 サーシャの言葉は、いつも自分に考えるしるべをくれる。トゥールは微笑んだ。


前へ 目次へ トップへ HPトップへ 次へ
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット