終わらないお伽話を
 〜 魔への洞窟 〜



 サーシャは剣を力いっぱい振り下ろす。
「や!!」
 不恰好につけられた翼が切り取られ、ライオンヘッドの速度が格段に下がる。
 だが、その光る剣の切っ先を目印に、魔物は鋭い牙をむいて飛び掛ってきた。
 サーシャの喉元を噛み砕かんと、その上に覆いかぶさるように襲い掛かるライオンヘッドに、 サーシャは急いで剣を向けるが、どうやらそれは間に合いそうになかった。
 押し倒され、鋭い爪が肩へと突き刺さる。そして、すぐに引き剥がされた。
「大丈夫か?!」
 セイが横からライオンヘッドを蹴飛ばしたのだった。はげた肩の肉を癒すために、サーシャは両肩に手を当て 回復呪文を唱えることでそれに応えた。
「おいおい、俺に無断でサーシャを押し倒すなんざ、どういう了見だ?!」
 セイは構えながらわざとそう言って笑って見せるが、厳しい状況だった。旋律が響く 方向へ、一瞬目を向ける。なんとかトゥールたちが敵を倒し終わり、こちらを助けに来てくれるまでねばるしかなかった。

 トゥールは高く飛び、頭上からその頭蓋骨の隙間を狙う。
「や!」
 六本の腕を持つモンスター。旅に出た頃は想像もつかなかった相手だが、今となってはすっかり手馴れた相手だった。
 六本もある腕と組み合うのは愚の骨頂。つまり組み合わなければ良いのだ。
 硬い音がして、剣はわずかな部分をこそげとった。六つの腕がトゥールを狙うが、トゥールはそれをしゃがんで避け、 バランスを崩させるために蹴りを入れる。この敵の弱点は重心が上にあることだということも知っていた。
 四本の腕を支えに起き上がろうとする地獄のきし。その無防備になった残りの二本のうち片方を、トゥールは力を込めて 切りつける。軽い音を立てて地面に転がる骨。怒ったモンスターが反撃する前に、トゥールはその場所から反転して 逃げ出した。そして。
「ヒャダイン!!!」
 美しい旋律の後、凛とした呪文をリュシアは叫ぶ。目の前が真っ白になるような膨大な冷気がその場を支配し、 モンスターを飲み込んだ。
 凍りついた骨に止めを刺すべく、トゥールはその腰骨めがけて剣を薙いだ。

 旋律が終わったのを合図に、セイはサーシャの元へと走る。そして、圧倒的な白が視界を飲み込む。それに合わせて。
「バギマ!!」
 まだ肩で息をしているサーシャが、凍りついたライオンヘッドに呪文を放ち、足を切り取った。
 その横からセイが疾風のように走り、なんとか氷をはがそうとしているモンスターの胴に深々と爪を食い込ませた。


「大丈夫?」
 トゥールたちがこちらに駆けてくる。セイはなんとか手を振った。
「ああ、なんとかな。そっちはどうだ?」
「こっちは余裕。でもやっぱりそっちのほうが手ごわそうだったし。」
「俺は平気だ。サーシャは…。」
 サーシャは相変わらずその場に座り込んでいる。トゥールはその傍へ駆け寄った。
「…平気。…途中で、中断したから、ちょっと…肉が、引きつってるだけ。…駄目ね、長くなりそうだから、魔力を、節約 しようと、思ったら…」
 いつもの調子で話そうとして、息絶え絶えになっているサーシャに、トゥールは優しく語り掛ける。
「大丈夫?僕が回復かけようか?あんまり魔力使わないし。」
 トゥールのその言葉に、サーシャは目で応える。それを見て、トゥールは触れないようにそっと近づくと、 慣れない回復呪文を唱え始めた。
「…悪かったな、サーシャ。無茶させて。」
 サーシャは無言で首を振る。まだ辛いらしい。
「…ごめんなさい、リュシアが遅かったから…。」
 最初は単体呪文にしようと思ったのを切り替えたために、いつもより時間がかかってしまったのだ。
「いや、本気で助かった。呪文がこっちに来なかったらやばかった。」
「…怪我ない?」
「ないぜ。…悪いがこの先お前が主戦力になりそうだ。魔力なくなりそうなら、少ないが俺とかから 取っていけよ。」
 怪我がないといいながら、体のあちこちにはわずかな傷がある。…自分はまったくの無傷なのに。もし それを言えば、体力と戦い方が違うのだから当然だ、と言われてしまうだろうと分かっていたので、リュシアは 黙っていた。
「…セイがいて良かった。」
「あん?なんだいきなり?」
「セイがいてくれて良かった。」
 リュシアはにっこりと笑った。そしてそのままトゥール達の元へと駆け寄っていった。
「…いったいなんなんだよ…。」
 こんな時なのにな、と思いながらセイは少し頬を赤くした。




前へ 目次へ トップへ HPトップへ 次へ
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット