終わらないお伽話を
 〜 聖なる守り 〜



 まるで射抜くような鋭い目。トゥールはサーシャをにらみつける。
「何言ってるのよ、トゥール。」
 サーシャは呆れたように言う。それは本当に、いつもどおりだった。だが、トゥールは更に糾弾する。
「お前は誰だ。お前はサーシャじゃない、僕の知ってる、サーシャじゃないんだ!!」
「トゥール……?どうしたのよ。誰って言われても…。サーシャ=ファインズとしか言いようがないんだけど…。」
 セイとリュシアは何も言えずに二人を見ていた。錯乱しているトゥールとは裏腹に、トゥールの 言葉に困惑しているサーシャに何も変わった様子はなかった。
「さっき、僕の手を引いた。サーシャなら、そんなことしない。絶対に、僕には……。」
 トゥールのにらみつけるようなその言葉に、二人の目も変わる。
 その雰囲気を感じ取り、サーシャは困ったように叫んだ。
「もう!別にトゥールに触れるのは初めてじゃないでしょう!?ギアガの大穴に飛び込んだ時だって……! 私だって、色々考えてるんだから。なのにそんな風に言わなくてもいいじゃない!」
 確かに、サーシャは最近変わり始めていた。トゥールのことを褒めることも多くなり、トゥールに対しての とげが抜けていっているのを感じていた。
 だが、トゥールはまるで駄々っ子のように首を振る。確信したのだ、今の一言で。
「違う、お前はサーシャじゃない!……知らないくせに!!あの時、あの時のサーシャが、どれだけ僕を怖がってたか、 どれだけあの手が震えていたか…、知らないくせに!!サーシャの顔をするな!!」
「トゥール、トゥール、私、そんなつもりじゃ……。私のこと、嫌いなの?」
「僕達は、そんな関係じゃなかった!そんな風に、気軽に触れ合える関係じゃ、なかった!!」
 どれだけそれを望んでいたか、望んで望んで、苦しいほどに切望していたトゥールだからこそ、確信できる。
 ここにいる、サーシャの皮をかぶったものは、サーシャじゃない。
「サーシャを返せ!!」
 トゥールは声の限りそう叫んだ。憎しみすら込めて。

 リュシアとセイは戸惑いながら二人を見ていた。
 どちらがおかしいかと言われれば、トゥールだろう。サーシャはいつもどおり変わらなく思える。もちろん理不尽なことを 言われて戸惑っている様子はあるが、それも二人が知っているサーシャの範囲を出ていない。
「トゥール、大丈夫?」
「落ち着けよ、トゥール。」
「セイ、僕は別に錯乱していない。ここにいるのはサーシャじゃない、別の誰かだ。」
 怒りと憎しみがこもった声。そんな声は今まで聞いたことがないほど深かった。
「いまさら、誰かもないもないだろ。お前は。」
 そんなトゥールを軽くいなすセイに、サーシャは息を吐いて安堵した。
「なぁ、精霊ルビスさんよ?」
 セイがそう話しかけるまでは。

「セイ……?」
 サーシャはきょとんと目を丸くする。
「サーシャの背中にあんなもん刻んでおいて、封印が解けたとたんに別人になったとあったら、他にいねーだろ。…いや? もう一人可能性はあるな。その封印をしでかした張本人さんって可能性もな。」
 セイは軽い口調で、だが厳しくにらむ。そして、その横で、リュシアもサーシャをにらんだ。
「……本当のサーシャはどこ?」
「どっちかは知らねーが、一体何が目的なんだ?……まぁ、よからぬ目的の事は確かだろうな。」
「セイとリュシアまで……。私、そんなに違う?同じなつもりなのに……何が違うって言うの?」
 困惑するサーシャに、リュシアが小さく言う。その眼は、静かながらも強い意志を秘めた眼だった。
「……一緒に見える。普通に見える。でも……わからないけど……わからないけど、いつもどおりのサーシャだから、 わたしは、トゥールを信じるの。」
「良く、意味が分からないわ……?」
「本物のサーシャなら、トゥールにそう言われたら、まず自己を省みるだろうってことだよ。」
 セイが横からそう、口を出し、爪をサーシャに向ける。
 笑みが浮かぶ。確信できたことが嬉しかった。正しいのがトゥールだと。
 そう、リュシアの言うとおり。今のサーシャなら、不安に思うはずなのだ。自分が変わってしまったのではないかと。 ここにいるのは、自分が自分だと確信できる『偽者』だった。
「ま、どういう奴にせよ、サーシャに取り付いて俺達の中に入り込もうなんざ、ろくな奴じゃない事は確かだな。 ……ここで消した方が憂いが少ないはずだ。」
「……私を、殺す気……?」
「できるはずがないなんて思うなよ。トゥールやリュシアや、本物のサーシャにはできないだろうが、俺には できる。」
 セイは自信満々にそう言う。突きつけられたその爪の威力は良く知っていた。
「……トゥール、トゥール、助けて、私、私……。」
 そうか細い声で助けを求められるのが、トゥールには憎かった。
「本当のサーシャを返してください。僕の望みはそれだけです。」



前へ 目次へ トップへ HPトップへ 次へ
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット