終わらないお伽話を
 〜 新しい君の産声 〜



 目を閉じて座っているサーシャは、以前に見たときと、なんら変わりないように思う。
 それでもリュシアは言ってくれた。両親のたった一つの形見のペンダントを、自分に託しながら。
「助けてあげて、トゥール。トゥールになら、きっとできるから。」
「……本当に?どうすればいいのかな。」
「サーシャのこと、呼んで。きっと答えてくれる。道は、もう作ったから。あとはエリューシアが導いてくれる。」
「やってみるよ。」
 少し自信なさげに言うトゥールに、リュシアはいつものはにかんだ笑顔を見せた。
「大丈夫、トゥールならできるから。」
「……それは僕は勇者だから?」
 そんなことを聞いてしまったのは、さきほどのルビスとの会話のせいだろうか。だが、リュシアは首を振った。
「リュシアは魔法をかけたの。お姫様を助けられる魔法。だから大丈夫。トゥールはリュシアの王子様だったから。」
 なんのためらいもなく、お伽話を信じている砂糖菓子のように甘い、子供のようなことをリュシアは言った。なんだかそれを聞いて、 ふっと気が抜けた気がした。
「そっか、僕、ちゃんと王子様できてた?」
「うん、いつもリュシアのことを助けてくれた。だから、サーシャのこと、助けてあげてね?」
「わかった。」
 トゥールが頷くのを確認すると、リュシアとセイは、部屋を出て行った。

 片手にリュシアのペンダントを。もう片手に聖なる守りを持ちながら、トゥールはリュシアがしていたように、目を閉じて、 額と額をあわせた。

 眼の奥に浮かぶのは、ある、遠い日の光景。
 ついこの間まで、忘れてしまいそうだとゆれていた心が、嘘のようだ。
 それはとても美しい顔だった。「ルビス」の顔には敵わないだろう。いつもの自信あふれた顔でもない。
 それでもあの日、差し伸べられた手を跳ね除け、自らの力で生きるための産声を上げた、幼い日のサーシャの目を。
 たとえ100年経ってもその顔を鮮やかに思い返すことができると、トゥールは確信していた。


 トゥールの部屋を出て、リュシアとセイはすぐ隣にあるセイの部屋へ移動した。
「いいのか、側にいなくても?」
「今、わたしはいない方がいい。」
「そうか。」
 理屈は分からないが、リュシアがそういうのならばそうなのだろう、とセイは抱えていたリュシアを ベッドの上に降ろした。リュシアは疲労がたたって動けないのだ。
「寝るか?なんかあったら起こしてやるぞ?」
 セイはリュシアの肩に毛布をかけながらそう呼びかけるが、リュシアは首を振った。
「眠くは、ないの。…おなかすいた。」
「そうか、じゃあ、ちょっと何か持ってくるな。」
 こくりと頷いたのを見ると、セイはもう何度目かにもなる厨房へと足を運んだ。
 さきほどのトゥールとの会話に、どこか入り込めない絆のようなものを感じて、すこし寂しく思った。

 食事を取りながら、ようやく二人はお互いのことを話し終えた。
「なるほど……?」
 リュシアの要領のえない話を、なんとかセイは頭の中でまとめようと努力する。
「そっか、トゥール、頑張ったの。」
「頑張ったっていうのか?あれは?お前のときと対して変わりないぞ。」
 リュシアにそう言われ、セイは頭を掻く。リュシアはくすくす笑う。
「トゥールらしいね。」
「それにしても、サーシャはちゃんと戻ってくるのか?正直俺にはなんだかよくわからねぇんだよな。」
 神の道具だの闇の魂だの、なんだか自分の次元とは違うところでの争いで、正直セイは自分が蚊帳の外に いる感じがしていた。
「……上手くいえない。でもサーシャはちゃんといる。きっと戻ってくる。」
「そっか、まぁ、それだけ分かればいいか。……何も出来なくて悪いな。」
 リュシアは物凄い勢いで首を振った。
「そんなことない。セイのおかげ。セイがいてくれたから、リュシアもトゥールも動けたんだよ。セイが ここにいてくれるから。ありがとう。」
 そう言って微笑んだリュシアは、ふわりと暖かい空気を持っていて、こんな境地にありながらもどこか和ませる安心感が あった。

 あまりにも心地よい沈黙に酔いしれてから、セイはそれをごまかすように口を開く。
「……そうか、また四人で戦いたいな。」
「リュシア、賢者になる。」
「は?」
 唐突に言うリュシアの言葉に、セイは少し目を丸くする。
「多分、なれると思う。サーシャ戻ってきても、休むから、その間に行くの。」
「ああ。悟りの書読んでたっけ、そういや。……お前は賢者になりたかったのか?」
 セイに問われ、ちょっと首をかしげて、リュシアは言う。
「……どっちでもいいの。でも、そっちの方が便利。両方使えるならその方がいいと思う。セイのこと、治してあげるね。」
 にっこりと笑うリュシアに、それは反則だろう、と心でつぶやくセイだった。


前へ 目次へ トップへ HPトップへ 次へ
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット