〜 Childhood friend 〜



 その日は、暖かな買い物日和だった。
「なにやってんだよ、化け物。」
 かけられた言葉に、リュシアは涙目になる。
「化け物が町を出歩いてるなよな!」
「やーい化け物化け物!」
 子供と言うのは残酷なもので、面白半分で異端児をあぶりだし、攻撃の対象とする。
 そんな子供達にとって、捨て子のリュシアは格好のいじめの対象だった。
 今日はたまたま運が悪かったのだろう。お昼過ぎ、店の食材が足りないからと、育ての母であるルイーダに頼まれて 買い物に出かけた矢先、城につながる目抜き通りで いつもリュシアをいじめるギーツとその取り巻きに遭遇してしまったのだった。
 きょろきょろと周りを見回すが、助けてくれそうな人はいない。そもそも遠くから見たら、子供達が 遊んでいるようにしか見えないだろう。
 リュシアは勇気を出して、ギーツを見る。
「なんだよ、化け物!ルイーダさんに悪いと思わないのかよ!」
「リュ、リュシア、化け物じゃ、ない。」
 震えながら言った言葉は、リュシアにとって精一杯だったが、言われたギーツたちは馬鹿にしたように笑う。
「なんでそんなことが言えるんだよ、どんな親か知らないくせに。」
「化け物じゃないなら、なんだって捨てられたんだよ!」
「やーい、捨て子捨て子!」
 楽しそうに、リュシアに言い返す。それに返す言葉はリュシアにはなかった。なぜ捨てられたのか、親がどんな人間なんか わからないのは事実なのだ。
 言われるのが嫌だった。だから、もう無視して買い物に行こうかと思った。だが、道はギーツ達にふさがれている。
「…買い物、行くの…。」
 小さな声で言った言葉は、ギーツ達に笑い返される。
「え、なんだって?!」
「化け物がどこに行くんだよ!」
「何持ってるんだよ、よこせよ!」
 からかっていた一人が、リュシアが持っていた買い物籠を奪い取ろうとする。
「駄目!」
 これは、ママに頼まれた大切なおつかいなんだから、と思うリュシアの心は当然届かない。リュシアは必死で抵抗するが、 やがて、買い物籠は男児の手に渡った。その時。
「やめろよ、そういうことするの。」
 まさに、リュシアの王子様がその籠を男児から奪い取っていた。


「トゥール!」
「リュシア、大丈夫?」
 トゥールはリュシアに籠を返す。トゥールの姿を見て、いい気分でリュシアをいじめていた男児達がざわめいた。
 勇者オルデガの息子であり、第一の勇者の儀式をクリアしたトゥールは、アリアハンでは一目置かれる 存在だった。それでなくても、やがて勇者になることを目標としているトゥールは、喧嘩に強い。 ここは分が悪いと、ギーツの取り巻き達は居心地が悪そうにうつむく。
「…悪かったよ。」
 ギーツはそれが気に入らない。いつも色々買ってやっていい目を見せてるにも関わらず、トゥールに下手に出る 取り巻き達も、調子に乗ってるトゥールもだ。
「な、なんだよ、お前には関係ないだろ!だいたい、お前も勇者の息子なら、化け物を退治するべきだろ!?」
 その言葉に、トゥールはギーツに睨み返す。持っていた練習用の刃をつぶした剣をギーツに向けた。
「リュシアは化け物なんかじゃない!僕の大事な幼馴染だ!それ以上言うなら許さないからな!」
 その言葉に、取り巻き達は完全に怯える。ギーツの服のすそを引っ張った。
「もう行こうよ、ギーツ。」
「トゥールと喧嘩したなんてばれたら怒られるよ。」
 そうささやかれ、ギーツは悔しそうに二人をにらみつけると、そのままその場を立ち去った。


「大丈夫?」
 トゥールの優しい笑顔に、リュシアは何度も頷いて答える。嬉しくて嬉しくて、顔が赤くなる。嫌なことが あったけれど、それを打ち消すくらい幸せだった。
「どこ行くの?…買い物?ってことは、中央市場?」
 トゥールの言葉に、リュシアは再び頷く。
「そっか、じゃあ、そこまで一緒に行くよ。またギーツにあったら嫌だろうし。」
 その言葉が嬉しくて、リュシアはこくこくと頷いた。
 そうして二人で歩いていく。大体トゥールが何気ないことをぽつりぽつりと話し、リュシアはそれに小さく頷いたり、 言葉をささやかに返していく。それが本当に嬉しくて、幸せな時間だった。
 そうして、市場の手前で見知った人物に会う。
「あ、トゥールにリュシアだ。これからお買い物?」
「サーシャ。」
 教会の娘のサーシャ。サーシャの母がオルデガと親しかったことから、トゥールとも縁深く、その関係でリュシアとも よく遊ぶ。とても優しくて可愛くてリュシアもサーシャが好きだった。
「私もお使いなの、良かったら一緒にいこう?」
 サーシャの申し出に、トゥールも嬉しそうに言った。
「あ、ちょうど良かった。リュシア、一緒に行きなよ。僕戻らないと。」
「…トゥール、その格好、もしかして、お城の訓練中だったの?大丈夫?」
 考えてみれば、トゥールは今はお城で剣術を習っている時間のはずだった。心配そうに言うサーシャに、 トゥールは少し困ったように笑った。
「ちょっと抜け出して来ちゃったんだ。怒られてくるよ。」
「あー、いけないんだー。くすくす。訓練頑張ってね、トゥール。」
 楽しそうに笑うサーシャと目を丸くするリュシアを置いて、トゥールは城の方へ駆けていった。


 真っ黒な海を見ながら、セイはため息をつく。見張りをしていたセイに暗すぎて眠れないと押しかけてきた リュシアの昔話に、セイは呆れたようにコメントする。
「…そりゃまぁ、惚れもするわな。」
「…幸せだったの。トゥールがいればね、他に何にも要らないと思った。」
 そんな話を聞かされて、セイは胸がちりりと痛んだ。だが、リュシアはそれに気づいた様子もなく、話を続けた。
「…でもね、わたし、思うの。トゥールはわたしのこと好きじゃなかったのに、そうしてくれるから、素敵なんだって。」
「ん?」
 時間的には、深夜近い。毛布にくるまれているリュシアは眠いのだろう、うとうとしながら寝言のように話す。
「好きだから、助けてくれたんじゃないの。困った人がいたから、助けてくれたの。それができるから、トゥールは 勇者なの。…きっといじめられてたのがセイでも、おんなじように助けてくれたの、思うの。ギーツも、助けてたし…。」
 そう言われてセイはあの商人の町を思い出す。あのギーツは今、どうしているのだろうか。
「ああ、そういえば、そんなことがあったな。」
「う…ん。」
 眠そうに目をこするリュシアに、セイは苦笑する。
「眠くなったんなら、部屋帰って寝ろよ。風邪引くぞ。」
 セイの言葉に頷いて、リュシアは部屋へと戻っていく。それを笑顔で見送った後、セイは小さなため息をついた。


 見張りを交代して部屋に戻ったセイは、その話に影響されてか、おかしな夢を見た。
 両親に殴られる、よく見たいつもの夢。その幼いセイをかばって、子供のトゥールが両親に食って掛かるのだ。
「セイは悪くなんかない、どうしてセイをいじめるんだよ!!」
 そう叫ぶトゥール。そうしてトゥールはセイをそこから連れ出し、子供のサーシャとリュシアと四人で アリアハンの町で遊ぶ。そんな、ばかばかしくて…楽しい夢だった。
(さすが夢、設定がむちゃくちゃだな…。)
 最初の場面はジパングなのに、家を出たとたんアリアハンになっていたり、親は流星と呼ぶのに、トゥール達は セイと呼びかける。そもそも夢の中のセイとトゥールは同じ年くらいだった。整合性が取れていないにもほどがある。
 そんなことを思いながら、セイはベッドから立ち上がり、薄く笑ったまま部屋を出た。


 せっかく三人組は幼馴染という設定なので、子供時代の話をやってみようと思いました。
 だいたいリュシア8歳、トゥールとサーシャが9歳くらいです。まだサーシャ母が生きているので、 サーシャはお城へは行ってません。リュシアは本日手伝いがあるのでお休みでした。
 サーシャがトゥールに対して怖いとか思っていない、トゥールもサーシャに特別な思いを抱いていない時代です。そう 考えるとリュシアはおしゃまさんですな。
目次へ トップへ HPトップへ
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット