〜 敬寿端春 〜



 バラを象った灯りが、いくつも室内に並べられる。そしてテーブルには数々のご馳走とそしてお酒。
「5、4、3、2、1」
「「「「あけましておめでとう!!」」」」
 時計の針が真上を指すと共に四人はそういい、そして手に持ったグラスをそっと相手のグラスにぶつけ、 澄んだ音を立てさせた。

「こっちでも変わらないんだな、暦は。」
「そうだね。でもこっちだとあんまり新年のお祝いってしてないみたいだね。」
「そうね。聖誕祭の方が主流みたいね。お祭り騒ぎで少し驚いたわ。」
 アリアハンでは聖誕祭は教会に集まって祈りを捧げる日であって、こちらのようにお祭りになることはなかった。
「でも、うちは、聖誕祭でもいっぱいお酒飲んでる人いたから。それに、なんだかこっちの聖誕祭、色々 綺麗だった。」
 つい先日に行われた聖誕祭を思い出し、リュシアは少しうっとりした。それを微笑みながら見て、セイは酒をあおった。
「まぁ、なんにつけてもおいしく飲めるってのはいいもんだ。」
「まぁたしかに楽しいならいいよね。あ、サーシャとリュシアは気をつけて。」
 トゥールも杯を傾けながら、二人に注意を促す。
「そうね。……でも体質変わってたりしないかしら。聖痕も取れたし。」
「そういうもの?」
 こきゅ、と小さく首をかしげるリュシアに、サーシャがあせって手を振る。
「わからないけれど。可能性はあるんじゃないかと思って。でも新年早々醜態をさらすのは嫌ね。ちゃんと ひかえるわ。」
「そうしてくれると助かるよ。」
 トゥールは小さく苦笑した。


 そうして四人はご馳走を食べ、お酒やジュースを飲み、これまでの旅の思い出について語り合った。そして。
「そろそろかしら。ちょっと待っててね。」
 突然サーシャが立ち上がった。リュシアも頷いて二人で部屋を出て行く。
「ん?なんだ?」
「さあ、なんだろうね。」
 不思議そうに言うセイの横で、トゥールはなにやら意味ありげにそう言って笑う。
「なんか知ってるのか?」
「セイは知らないの?」
「は?」
 そんな問答を繰り返しているうちに、サーシャたちが帰ってきた。サーシャの両手には、美しくデコレーションされた ケーキがあった。
「うわ、結構でかいな。」
 甘いものがそれほど好きではないセイが、すこし顔をしかめる。
「好きじゃないのは知ってるけど、でもこういうのってやっぱり大きい方が気分が出るんだもの。」
「そうだね。せーの!」
 三人は声を合わせる。
「「「誕生日おめでとう!!!」」」

 ケーキを前にそう言われ、セイはぽかんと口を開け、それからきょろきょろと周りを見回す。
「……誰か?」
 今度は三人がぽかんとなる。
「へ?」
「あれ?」
「……違った?前、聞いたの。だからわたしが、皆に言ったの。お正月誕生日って。」
 リュシアの言葉にセイが悩む。
「いや、俺そんなこと言ったか?いつだ?大体俺誕生日って……あ。」
 ジパングでは、正月にいっせいに皆が年を取る。そのことをたしかリュシアの誕生日に言った気がした。 あの時リュシアは酔っていたので、間違えて覚えたのだろう。
「あーあーあーあーあーあー、ああ、そうだな。だいたい違ってねぇよ。……誕生日なんて祝われるの、初めてだ。 ありがとうな。」
 セイはそう言って珍しく、本当に珍しく照れた表情をして笑った。


「……なにしてるの?」
 夜明け前。セイを探して船内をうろうろしていたリュシアだが、ようやく見張りの台にセイがいるのを見つけ、 ここまで登ってきたのだ。
「ああ、リュシアか。もう酒は抜けたか?」
 結局あの後しばらくして、お酒でふらふらになってしまい、サーシャとリュシアはほとんど寝ながら部屋に戻ったのだ。
「うん、大丈夫。何してるの?」
「酒覚ましだよ。一応見張りもかねてるが。お前は?」
 その言葉に、リュシアは隣に座りながら少し口をつぐんだ。
「……誕生日じゃ、なかった?」
「ん?」
「言ったとき、迷ってたから。」
 体を小さくしてそういうリュシアの頭をぽんぽんと軽く叩き、セイは笑う。
「いや、よく覚えてたなと思っただけだ。あれトゥールに行った奴だろ。お前あの時酔ってたしな。」
「……誕生日は、大事。」
 リュシアは強く言う。
「わたしも本当の誕生日じゃなかったけど、でもママにおめでとうって、生まれてくれてありがとうって言ってもらえて うれしかった。認めてもらうって、凄いことだから。だから、大事。」
 そう言って、そっと紙袋を押し付けるように渡してきた。
「あのね、プレゼント。」
「開けるぞ?」
 中から出てきたのは、柄に緑色の宝玉が施された、小さなナイフだった。おそらく戦闘用ではなく、 日常用であろう。小さいけれどしっかりした作りで、使いやすそうだった。
「あの、あのね。男の人になにあげていいか分からなくて、初めてだったから。」
「……トゥールには、とお菓子だったか?」
「誕生日に何かあげるってなかったから。でも、セイは甘いもの嫌いだから。何がいいか分からなくて、ごめんね」
「……いや、別に嫌いではないぞ?それほど好きでもないが。」
 ナイフを一通りもてあそび、そして鞘に収める。
「ありがとうな。わざわざ選んでくれたんだろ?俺のために。」
 誕生日を覚えてくれたことも、こうしてわざわざプレゼントをくれたことも、それが男で初めてだということも たまらなく嬉しい。
 セイの言葉に顔を赤くしたリュシアが、にっこりと微笑んだ。
「……蝶の髪飾り、もらったの、嬉しかったから、贈りたかったの。 ずっと祝ってなかったから、ちゃんとお祝いしたかったの。ありがとう。」
 そんなことはないのだ。本当はとっくに祝ってもらっているのだ。
 セイは、伝わらない想いをこめて言葉を贈る。
「祝ってくれて、嬉しかったよ。ありがとう。今年もよろしくな。」

 そう、あの時。ジパングで。
”セイは、生まれてきて良かったの。”
 そう生まれて初めて『祝って』くれたことは、今までの人生の中で一番嬉しかったことなのだから。


 お正月SSです。
 Birthdayの対になる作品です。なんとなくセイは夏生まれのような気はしているのですが。公式的には 誕生日はお正月なのです。
 時期はいつかは気にしてはいけません。一応アレフガルドについてから、ということになってますが。
 セイとリュシアの歩みはカメより遅いです。どうか気長にお待ちくださいませ。
目次へ トップへ HPトップへ
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット