〜 呪術師と廃墟 〜


 気がつくと、たそがれが迫っていた。
「そろそろ、このあたりで休めることろを探さないとな。」
 二人は砂漠に差し掛かっていた。といっても、それほど大きな砂漠ではないのだが、さすがに 日が暮れるまでに抜けられそうにない。
「アルフ、あそこに建物の影がある。」
 ローラが指を刺す先には、なにやら建物、というかそこそこ大きな町らしき影がある。
「あれは、ドムドーラか?」
「あ……滅ぼされたところ、ね?」
「ああ、でもまぁ、建物が残ってんなら風がしのげるだろ。」


 たどり着いたドムドーラは予想以上に廃墟だった。家という家はどこかしら破壊され、中は荒らされていた。 もちろんそれは、外も例外ではなく、これは明らかに皆殺し……おそらくはロトの末裔全てを滅ぼすための 徹底的な破壊だったのだろう。
(……これほどしなければならないほどの、ロトの血筋って一体何なんだ?)
 自分はロトの末裔らしい。だが当たり前ではあるが、別に指先からビームが出るわけでも、全てを滅ぼす 雷が打てるわけでもない。まぁ、ロトの勇者は天雷さえ操ったと言われるが。
(もしかして、あれか……?)
 思い返せば、初めて竜と出会ったときのこと。自分の剣ではとてもかなわぬと、あらぶる竜の前に絶望して身を 震わせていたところで、自分の記憶は途切れ、気がつくと竜は血を出して倒れていた。
 その記憶の遠く彼方に、ローラを助け出した時の、あの呪いを唱えていた、気がするのだ。
 あんな呪文は知らない。だが、あれこそが竜王が恐れている何かだとすれば。
「アルフ?」
 考え込んでいると、ローラが心配そうに自分の顔を覗いていた。
「あ、ああ。とりあえず、一番ましな家に入るか。」
「うん。」
 そう言って、町を歩くが、あまりに徹底的な破壊に、ローラも何か気分が悪そうだった。
「お前のせいじゃないからな。ここの破壊はお前がさらわれた前だしな。」
「それはわかってる。でも……」
 可哀想というのは違うと分かっている。けれど、やはりこの悲惨な有様に、胸が苦しい。そんなところだろう。 自分も苦しい思いをしたというのに。
 そんなことを思っていると、ローラが、ある一点を小さく指差す。
「……アルフ、あそこ……。」
 指差したのは、大きな木の下。そこにじっとたたずむ、一匹のモンスター。まるで何かを守っているようだった。
(……最後の一点か?いや、そんなはずない。)
 四の陣の力を得るためには四つの点から囲まれなければならない。ガライ、岩山の洞窟、リムルダールへの洞窟、最後の 一つは竜王の城からだいたい南東になければならない。
 とはいえ、あの様子は明らかにおかしい。
「ローラは何か感じるか?」  ローラは首を振る。アルフはローラを下ろし、近くの建物の影に隠れているように指示した。


 それは、鎧をまとった魔物だった。周りのどんな音にも、ただ、じっと佇む、躯のようでもあった。
 だが、アルフが背後から近づいてくると、その骸骨は、頭をあげて、眼窩からこちらを見る。
「……その、穴からでも、なんか見えるのか?」
 音もなく近づいたつもりではあったが、さすがに待ち構えている敵には呪いも効果がない。
「ギラ!!」
 呪文を放ち、そのまま走る。だが、その呪文の炎を撒き散らすように、炎の中央をきりつけた敵の斧は、自分の肩に 刺さった。
 ちらつく自分の血が、体をぬめり、回復する呪文が、その肩を照らす。
 再び襲ってきた、少しこげた斧を持つ右手を、思いっきりけりつける。別方向からやってきた手に背中を 殴られる飛ばされるが、その土産に、相手の右手に大きなひびが入る。
 敵はこちらを見据え、呪文を放つ。
「ラリホー。」
 とたんに、頭がくらりとし、現実が自分から遠ざかるのを感じた。地面が近くなる。その自分の顔に。
 ”コツン”小石が触れた。
 アルフは頭を振り、左側から大きく回り込み、少し離れたところから呪文を唱える。
「マホトーン!」
 手ごたえがして、相手の呪文が封じられたようだった。魔物は再び大きく斧を振る。
 だが、それを予想し、小さくしたから、その斧の奥めがけて剣を振るうと、腕がこぼれるように落ちた。
 その返す剣で強引に鎧の隙間に剣を突き入れ、鎧を引っぺがすように圧力をかける。
 後ろから、魔物の足が振るわれるが、そのダメージを無視して、今度は兜の間に力いっぱい剣を突いた。
 一瞬の沈黙の後、モンスターは、そのまま結晶だけ残して、崩れ落ちた。


 アルフはその場に脱力する。呪文を唱え、体を治しながら、声を上げた。
「ローラ、もうこっち来てもいいぞ。」
 ローラはきょろきょろと周りを見回すと、小走りでこちらに来た。
「アルフ、大丈夫?」
「ああ……おかげで助かった。でも危ないからもうすんなよ。」
 小さく笑ってから言うと、ローラは気まずそうに笑った。
「この木の、下、かな?」
 そう言って、服が汚れるのも気にせずに、掘り出す。
「大丈夫かよ、俺がやるって。」
 そう言って、ローラを押しのけ、荷物のスコップで掘り出す。それはすぐに行き当る。大きな金属のようだった。
「……よろい、か?」
 掘り出すと、その鎧の中央には、かの有名なロトの紋章が刻まれている。
「ロトの鎧だね。……アルフが着たらきっと似合うよ。」
「いや、勘弁してくれ。ロトの末裔だって言いふらすのは真っ平だ。」
 そう言いながら、どうしようかと思い、その紋章に触れると、それは光となって突然消えた。




 
戻る 目次へ トップへ HPトップへ 次へ
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット