〜 呪術師の旅立ち 〜


 身支度はすぐに整った。このご時世ではめずらしく、アルフは旅慣れている。
 とある香草を細かくちぎり、体に振りまく。
「大地の子よ、風となり我を護りたまえ。」
 そう呪を唱えると、香草はそのままくすぶり煙を発する。
 この煙はモンスターから気配を感じさせにくくなる。あくまでも感じにくくなるだけで、 見られてしまったり、音を発してしまえば意味がないのだが、慎重に旅をするには十分ではある。
 旅の道具も一通り持ち、アルフは町を出た。

 ロトの御世のように、世界から太陽が消えたわけではない。ただ、どんよりと薄雲りな日々が続いているのは たしかで、人々はどんよりとした気分になりつつある。
(あれが呪いか……。)
 おそらく完成すれば世界は闇に沈み、今より強力なモンスターが闊歩するようになるのだろう。
 しかしだからといって『世界は俺が守る!!』なんて使命感に燃える気にはまったくならない。とりあえず 竜王が呪術を使うならばそれを解析し、竜王を弱体化できるのならば、その後は兵士たちに城に攻め込んでもらってもいい。
(うん、自分は弱体化するために、ある場所から離れられない儀式をするとか言っとけば、そこそこ勇者らしく 戦わない理由になるんじゃないか?)
 呪術師は戦うことが仕事ではない。身を守るため、材料を集めるために戦うことはあるが、傷つけるため、殺すために戦うことは しない。それはアルフの呪術師としての誇りだった。
 その誇りが臆病者の言い訳だと言われれば、アルフはうなずいてこう言うだろう。「臆病で悪いか」と。

 アルフは身をかがめる。目の前にドラキーがいたからだ。木の陰にじっと身をひそめると、ドラキーは気がつかずにそのまま とびだって行く。息を吐いて立ち上がろうとすると、その近くにいたゴーストと目が合う。
 アルフはためらわず跳ねるように立ち上がり、そのままゴーストに剣を振り下ろした。
 ためらってはいけない。時間が長引けば長引くほど、仲間を呼ばれる可能性があるのだから。
 ゴーストを倒したことを確認すると、周りを見渡し、他にモンスターがいないことを確認すると、モンスターなら必ず あるという心臓部となる結晶を拾い上げた。路銀はいくらあっても困らない。
 そうこうしているうちに、やがてガライの町が姿を現した。


 町に入ると、入り口で竪琴を引いている男が、顔を上げた。
「よぅ、アルフじゃん。どうした?なんか足りないもんでも出てきたか?またリューダの貝殻とか?」
「えー、あー、いや。」
 外海に近いガライの町は、内海の側にあるラダトームとは違い、いくつか媒介にふさわしいものが流れてきたり しているので、アルフは町の人間に顔を知られている、そんななじみの町だった。
「いや、ちょっと、じーさんの野暮用。それよりお前、歌の方はどうだよ?」
 アルフは捨て身で話をごまかすことにした。ロトだと知られるのは致命的にまずい。それくらいならば。
「ああ、聞いてくれるか?そりゃあもう、傑作ができたんだぜ!!」
 彼はこの町の創始者かつ、伝説の吟遊詩人ガライに憧れ、吟遊詩人の修行をしている身。そして、
「#$ΞΠΨξ∽◆〜♪」
 才能がないと誰もが太鼓判を押す、知名的な音痴でもあった。

 どれほどの時が流れたかわからないが、気がつくと、その破壊的な音楽は終わり、くらくらする頭を抱え、アルフは苦笑いする。
「……声量、あがったな……。」
「そりゃ、修行してるからな。俺もガライみたいに伝説を語る吟遊詩人になってみせる!、と、そういえば知ってるか?」
「ん?」
「ガライの墓がなんかおかしいんだってよ。どうやらモンスターが入り込んだらしいぜ。」
 アルフの頭が覚醒する。
「この町にか?でもなんともなさそうだけどな?」
「いや、別のところから入り込んだ、らしい。なんせ墓は、元々立ち入り禁止だしな。ラダトームが襲われて、今度は この町かと思ったんだが、モンスターは墓から出ないらしい。」
 そういわれ、少し考える。何か関係はあるだろうか。
「へぇー、そりゃ残念だな。ま、修行がんばれ。」
「おう、モンスターも強くなってきてるらしいから、気をつけろよ。」
 結局アルフは言ってみることにした。強くて大変そうなら引き返せばいい。
 それはおそらく、ただ逃げているだけではないという、自分への言い訳だったのだけれど。


 平和だった頃、ガライの墓は観光名所だった。巨大な墓に、祭壇のようなものがあり、 花が供えられるようになっているのだ。  だが、その内部は人に触れぬように巨大な地下迷宮となっている、という噂は聞いたことがあった。
 その墓の周りをぐるりと周り、裏手に向かう。すると案の定、なにやら不自然に立っている男がいた。
「ちょっといいですか?」
「ん?」
「俺、ラダトームの呪術師なんですが、最近モンスターが増えたって言うこの墓の調査をしたいんですが。」
「な、なにを、いきなり突然……。」
 男はあせったように周りを見る。アルフは小さな声で囁いた。
「大きな声では言えませんが、王様からのご依頼なんです。このままではこの町もドムドーラの二の舞に なるのでは、と。」
 これくらい利用させてもらってもいいだろう。それを聞いて男はそわそわし始める。
「な、いや、だがしかし、ガライの墓は神聖なる墓所で……何よりモンスターが相当いて、危険だぞ?」
 そう言われると、そこまでして入るのもな、という気になってきた。呪いがあると決まったわけでもなく、 それが竜王と関係しているとも限らない。
「そうですか……、じゃあ、」
「いやでもだ!!その、積極的に入れるわけにはいかないが、その、そなたが入り口を見つけて入っていく 分には、だな……、」
 アルフの心変わりを読み取ったのだろう。男はそう言ってアルフを呼び止めた。入れてはいけないという違反を するのも怖いが、モンスターが町の側に巣くっているのも怖いのだろう。
 帰りそびれてしまったアルフは、そのままその男の側を離れる。
 人間の心理として、物を隠す時にはやはり目に付きにくいところ、暗いところに隠してしまう。見渡せば、妙に薄暗い ところに荷物が積まれている。
 そこへ向かうと、先ほどの男がなにやら動揺しているのが分かった。
 荷物の影になっている横側の壁を押すと、音もなく、その壁は反転し、アルフは壁の中側に入り込んだ。


戻る 目次へ トップへ HPトップへ 次へ
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット