2004年10月中旬の空の樹観察日記


前へ メニューへ HPトップへ 次へ



2004/10/20     結婚への道(3)

 昨日の続き。
 で、一週間もたてば資料がざくざく届きます、そりゃもうざくざくと。来かたは冊子小包だったり、 普通郵便だったり宅急便だったりメール便だったり、佐川だったり 黒猫だったりさまざまで面白かったです。
 で、しばらくほったらかしてました。面倒くさかったんです、はい。量も多かったし、何かと忙しかった… んで。
 で、かなり放置しておいて「あー、そろそろ見ないかんなー」と思ったのが九月下旬ごろ。とりあえず 出してみる。
 …これにも、これにも、これにも、これにも。ほぼ全部に直筆の手紙が入ってるんですが。まぁ、 名前だけ直筆っていうのもありましたが。おおおお、恐ろしい …力が入ってる、怖いよう。なんつーか、ちょっとのぞくだけのお店に入ったら、店員さんが話しかけてきた 、そんな恐ろしさです。まぁ、一般的に200万の仕事ですもんねー。とちょっとびびりつつ。

 で、いろいろ見てましたが…正直、資料見ても良くわかんない…雑誌に書いてない情報がちょこっと載ってるくらいで、 基本的にグラビアがざくざくと載ってるだけなんですよね…。
 で、仕方ないので絞れた元の雑誌の切り取りに戻り、デザートビュッフェのところをのぞき、あとは交通の便が よさそうなところを選択しました。バスがあるやつはどうしよかな、と思いましたが、それも面倒なのではぶいちゃう ことにしました。そうすると、隣の隣の県(一番都会)の会場3つ。そのうちの一つがマイナーな駅だったので、 思い切って省くことにしました。そうして残り二つ。…ようやく絞れたわけです。

 で、とりあえず本命を決めることに。そうして新しいゼクシィが来たのでのぞいてみると、 一つのところの教会がすごく綺麗。あー、ここいいなー。にーちゃんここキレイー。ここでいいー?と なんとなくそこを本命にしました。もう一つは対抗にすえることに決定。

 さて、次はブライダルフェアに参加です。実はずっと憧れでした。ドレス試着できたりただで食事が出来たりするんですよ? (すっごいイメージ)…ですが、残念ながら本命のホテルは、食事を出してくれません…くすん、と思いながら インターネットで予約。10月上旬に行きたかったのですが、向こうが模擬結婚式をするらしい10/17日がお勧めです、 と返事が来たもので、10月17日に実家に帰る事にしました。本当はついでに対抗のホテルの 方も見たかったのですが、残念ながらその日はウエディングフェアがなく…でもまぁ、本命が「こりゃだめだなー」と思ったら 対抗のホテルをのぞきにいってもいいですし、なんだっら声をかけたら絶対に相手をしてくれる(普通の泊り客よりも いい儲けですからね)と思ったので、予約はあきらめることに。

 でですね、ついでに帰るのだから両家顔合わせをしておこうと思いました。私は向こうのうちにしょっちゅう行って (いろいろ迷惑かけた)し、うちの親とはにーちゃん一度顔合わせしているのですが、両親同士は 会ったことがないのですね。(私の母とにー母は会ったことが2回くらいあるはず)で、一回はあっとかな いかん、と言われていたし、私もそう思っていたので、ぶっちゃけ「嫌なことはとっととすませよう」とにーちゃんと 言い合い、計画を立てました。
 …ここからが大変でした。いつやるのか、はまぁ、クリアしました。土日ですし、17は昼からふさがってますから、 16の昼か夜ですね。で、どこでやるか。普通は婿の親が決めるらしいのですが、にーちゃんちはほとんど外食 しないところ。うちの親は変にグルメなので、親にまかせることにしました(にー親にも許可はとった)
 で、場所を決めて、時間を決めて…となった時に、にー母から電話。「結納品はいるの?結納金は?そちらの 風習は?食事のお金はどっちが?」…知りません。親に電話。「結納品はいらないけど、結納品っていうのは、 嫁の家でこれだけの支度をしてください、ってことだと思うけど、どれだけの支度をして欲しいか、希望は あるの?」…知りません。
 …もうもう、本当に、これだけは大変でした。ちなみにやりとりが面倒くさいので、食事代のお金はうちらで出そう (つってもにーちゃんのお金ですが)ということになりました。どっちが出してください、って言いにくいし。 にーちゃんも同意してくれたし。
 ・・・結婚って大変なんですね。でもまぁ、特に支度して欲しいものもないとのにー母の言葉でしたが。  すっごく簡略してもこれなんだから、実際はたいへんなんだろうな、本式にやったら…と遠い目で見てしまいましたよ。 私は。

 そんな困難を乗り越えて、ようやく帰省の日を迎えることになるのです。次回に続く。



2004/10/19     結婚への道(2)

 昨日の続き。
 そんなわけで籍を入れたわけです。なんやかんやと手続きもしたわけです。そんなおり、盆も過ぎまして、 帰省しました。そして、実家に帰ってからにーちゃんのメール。
 「ばれてました。」
 …え?
 詳しく聞いてみると、帰ったら「籍入れたんだね。向こうの親にもいっとかないかんよ」と言われたとのこと。 ええと、このわたくしが普通を説くのはなんですが、普通、判明したら電話して来ません?うちの 親なら電話かけてきてばりばり怒ったと思います。いや、いいんですが。 最初に電話してきてくれたら私も親に電話したのだが…ついでに、一ヶ月くらい前に判明してたそうです。… 籍入れた直後やん…さすがにーちゃんの親…
 で、まぁ、うちの親に報告してがっつり怒られました。ただ、一番怒ってたのは姉でしたが。私はなんで両親じゃなくて 姉が怒ってるかわからん。が、同じことを兄が言ったところ、姉と喧嘩したらしいので、黙ってました。どの道立場弱いしね…

 で、向こうの親にも挨拶して、「結婚式はするの?それともしないの?しないなら親族に挨拶にいかないかんよ」とのこと。
 さて、ここで三つの選択肢。
 1.結婚式をする。
 2.結婚式をしないで、双方の親族に挨拶に行く。
 3.写真だけ写して、以下略。
 ドレスは着たかったんです。ので2はとりあえず却下。とはいえ、お金のことを考えると、3が一番よい感じがした。
 …ただ、まぁ、私の憧れ面を置いておいても、一つ不安なこと。それはにーちゃんの祖父母が両方なくなっているんです。 私は韓国の家庭しか知りませんから、一般的なことは分かりませんが、うちもふくめ、祖父母がいなくなると、親族って正月でも 集まらなくなりません?うちは(母方の祖父母はいないので…)そうでした。にーちゃんもどうやらそうっぽい。
 …つまり私は知らん人の家を一軒一軒回り、挨拶をするってこと?…それは嫌だ!!!
 なわけで1にしました。知らん場所で戦闘するより、自分が場を作っておびき寄せたほうが、戦闘は有利にことが 運ぶのです!!!(戦いません。)

 で、次の三つの選択肢。
 1.地元でやる。
 2.東京(仮)でやる(いわゆる現住所)
 3.海外に逃亡。招待だけして、来なかった人の挨拶は結婚しましたの手紙。
 悩みました。東京(仮)でしたほうが、私たちは楽なことは確か。けど…友人たち他に多大な負担をかけることも 確か。それににーちゃん曰く、職場の人は呼ばないとのこと。私ははなから呼びません(バイトだし)じゃあ…私たちの 利便性をのぞけば、東京(仮)でやる必要ないじゃん?今やインターネット、電話もあります。なんとかなるんじゃない? と判断。海外は…やっぱり友人に来て欲しかったんです、私。ので、どうしても困ったら海外に逃亡しよう、つーことで 地元、関西でやることにしました。


 さて、会場選び。いかんせん、私たちは遠隔地から探すことになります。とりあえず帰るときに地元の本屋でゼクシィ( 関西版)を購入。こっちじゃ売ってないのよ…
 で、見てみる。場所の候補はとりあえず、自分たちの元、行動圏内だった 地元、隣の県、隣の隣の県(右に行くにつれ、都会になります)。  で、見てみると…結婚式場って多い!!ホテル、結婚式場、公共結婚式場だけでも多いのですが、レストランまで入れたら 100じゃきかないです、まじで。
 しかし実家の近くに二つほど結婚式場があるのですが、きれーに写ってるんです。さすがプロ。すぐ近くに 高速道路があることも、かなり小さい結構しょぼいこともわかんないように取ってるなー、と感心。皆様も 高校、大学に入学して「入学案内は詐欺だった…」という経験がおありになれば、分かると思います。はっきりいって、 魔法です、あれ。

 で、この中から一個選ぶのー?どういう基準で?皆はどうやって選んでるのーーー?初めてなのに、わかんないよ!!雑誌とかには まず「自分がどういう結婚式がしたいかを考えましょう」なんて書いてありますが、初めてなのに、そんな 具体的なこと、分からないよ!!普通に出来たらいいよ、普通に!!つーかそんな 具体的なのが分かってたら悩まねえよ!!!
 ネットや日記サイトを見てみても、 選んだ理由は書いてあっても選んだ過程が書いてない。「いろいろ探しましたが」「ネットで検索して悩んで」とか 省略してあるんですよね…みんなどうやって絞ったのーーーーー?

 半ば逆切れしながら(しかし未来に希望を持ちながら)見ていく。
 とりあえず、ドレスが着たいので、和式は却下。でもそれ以外は…安いのが良いんです。100万 くらいでやりたい…でも…たとえば プランが安くても、ぴんとこなかったり、重要なものが抜けてたり… 教会式の値段は高かったり…値段の基準をどこでみるかが分からないんです。 プランが安いやつを見るか、それとも、プラン抜きで安いのを見るか…ああ、もう、大混乱ですよ!!
 で、ちょっとぷっつん来ました、私。おもむろに鋏を取り出し、教会式のみを見て10万を切っているところ、 40名くらいのプランで80万くらいのものだけを、雑誌から切り離しました。ざくざくと。はっきりいってお勧めしません、 この手段。つか私馬鹿です。雑誌と言うものは表も裏も記事でしてね?表も裏も気になる会場の時は収集がつかない… というのを切り始めてから気がつきましたが、意地で切り続け、裏が気にならないの会場の場合は大きくバッテン。 教会式が10万を越えていて、でもプランが気になった、と言うものはそこに大きく丸を付けました。この時点では まだ40個近くありました。そう、ここまでやっても40個です。
 で、このあと、その切り取ったやつを全部にーちゃんに渡して「絞って。目標10個までで。」と 言い放ちました。「10個?」と言われましたが、知るか、私はここまでやったんだ。
 で、その間にインターネットで情報探し。今まで切り取ったやつの追加情報や便利なプランなどをチェック。 ゼクシィなびも使ったんですが…正直役に立ちませんでした。ちょうど大改装の直前だったせいもあるかな。せっかくなので半年定期購読しましたが、ゼクシィ(関西版)。結婚式の常識なんかは ためになるし。

 で、にーちゃんは25ほどにしぼってくれました。その全部を、半ばやけくそで資料請求をします。 ここでゼクシィネットを行ったんですが…まとめて資料請求してくれればいいのに、一個一個 別々に記入…最初に会員登録したデーターを資料請求ボタンを押した時に送るとか、気の利いたことできんのか! やたら重いので、その会場のHPでやったほうが楽でした。この時点でゼクシィネットは捨てました。ちなみに HPがないところはすっぱりと会場候補からはずしました。特に未練もなかったし、面倒くさかったし。 電話で資料請求もなんだか嫌だったので。

 で、そこでいろいろ見ていくうちに…ふと気がついたんです。
 私は「友人は深く狭くでいい」とずっと思ってましたし、今も思ってます。でも、考えてみると、 結婚式に呼ぶ友人7人くらいなんです、多く見積もっても。(こっちに来てからの友人は呼ぶの悪いしなぁ…) にーちゃんは友達がいないので…(私といっつもつるんで遊んでたり、結婚式に呼ぶほどでもない友人ばかりらしい) で、結婚式って友人の余興、スピーチがつき物じゃないですか。でも、そうすると私の友人のほとんどが、 結婚式になにかしらしなきゃいけないわけです。
 …それって何か違わない?私達ははホスト、ホステス(招待主と言う意味です)相手はお客様。 なんでお客様がいろいろ緊張してなにやらやらにゃいかんのかと。めちゃめちゃ頼み込んだらやってくれるかもしれないだろうけど、 やっぱり嫌だろうし、私も嫌だ。初めて友人が少ないことを後悔した瞬間です。
 できれば、私がもてなしたい。友人には最低限のことしか頼みたくない。そう思いました。もちろん やりたいつー人がいればいいですが、普通はいないし。(友人、職場の人などが たくさんいれば話は別ですが…友人のスピーチってのも聞いてみたかったし)
 でもですね、私、結婚式は5個くらい出てますが(全部親族)、それを 思い起こすと、友人のスピーチも、はなから立てる気がない仲人も 、ついでにやりたくない両親への手紙もないとすると…間がもたないんです。どう考えても。うちらがずっと しゃべりっぱなしと言うわけにも行かず、ただ黙々と座って食事をするだけ…卓で会話が弾めばいいですが、そうじゃなかったら まるで葬式です。思い出のアルバムスライドショーなんかは、たとえゴンドラに乗っても(今時ありません) やりたくなかったし。
 で、考えたのがビュッフェ形式はいかがだろうと。そうすれば「こんな料理があった」「あれおいしい」 なんて、料理の話題で隣の人と話せるし、立ち上がれるから気も楽ですし。物音がするのとしないのとじゃ、場の雰囲気が 全然違うんですよね。そしてにーちゃんに提案。受け入れられて、先ほどの25個の中から、 ビュッフェ形式がある場所 (ついでにデザートビュッフェのみのところも一応残しておきました。)をピックアップしました。
 そんなわけで、雑誌に載ってた「してみたい結婚式を考える」というのがありましたが、それよりは「 自分たちはどんな結婚式ができないのか。どれなら可能か」を考えたほうがいいかも。

 そんなわけで、ここで ようやく10個ほどに絞れました。ばんざい。とはいえ、まだ資料が来てません。あとは資料を見て決めることにします。

 次回に続く。



2004/10/18     結婚への道(1)

 明日のことを書こうかと思いましたが、せっかくですので、今までの結婚への道のりを、簡単に書いて 置こうと思います。この先、皆様の何かのお役に立てれば、これ幸い。

 さて、親で内緒で籍を入れよう、というのは実はずううっと昔から懸案してたことではあるのです、 実は。それこそ付き合い始めた中2の頃、「20歳になったら籍を入れようねー」とか…完全に 子供のおままごとだな、我ながら。こんな2人が結婚するんだから、世の中不思議。そういや「18歳に なったら迎えにいくから」とか、お前これからどこ行くねん、と突っ込まんばかりのことも言われた ことがあったな。別にどこも行かなかったけど、迎えにも来てくれなかったんですが。
 で、本気で考えたのが、同棲を始めて半年。国保を入るタイミングを逃して、コンタクトが欲しくなったのです。 我ながらすごい理由だ。今までは同居してるからばれるだろうと思いましたが、今なら多分ばれないかなーとか( 実際ばれたわけだが)
 だが、ここで問題があります。なにかーつーと、私が韓国人だと言うこと。日本人なら、婚姻届、 さえあれば、まぁ、なんとか結婚できるわけですが、私の場合、婚姻具備証明書 とか言うものが必要だとネットに書いてありました。なんですか?その婚姻具備証明書つーのは。
 調べてみると、(韓国籍の場合)基本的には戸籍のコピーつーことです。国によって違いますが。しかも この戸籍、必要な部分を日本語訳して提出(しかも訳者のサイン付き)らしい。誰が訳すのさ? にーちゃん?(にーちゃんは日本人ですが、韓国語を習ってました。私全然できません)と言うわけで 二の足を踏んでおりました。悪いことはできんという話です。
 で、親に相談。「結婚するなら何がいるのー?」と内緒で結婚しようとしていることを隠して相談。うちの 両親は両方韓国人なので、日本人と結婚してる従兄弟に聞いてもらうことに。で、父曰く、「 戸籍なんかいらなかった。ただ、なんか『結婚してません』つー、書類にサインすればいい」らしいです。 おお、なるほど!

 つーことで、着々と書類をそろえ、友達に共謀して婚姻届の保証人にサインをしてもらい、親に 預けてた私のパスポートなどをゲットし、いざ!市役所へ!!

 説明を受ける。要は「事情により、本国に戸籍はありませんが、結婚してません。約束します」つーのに署名が必要とのこと。 してないしてない。了承了承。…ここ本籍地じゃないから、にーちゃんの戸籍謄本がいるらしい。私より 手間がかかってどうするよ。と言うわけで一度帰って手紙で戸籍を取り寄せる。
 約一週間後、再出頭。免許書や韓国人登録証明書などを見せて無事、入籍終了。ずっと手続きしてて、いつか 言われるかなーと思った「おめでとうございます」の言葉は一番最後に言ってもらいました。
 そしてその後、流れるように、外国人登録に書き換えに。さっき出しましたーと言っている間に、先ほど書類を 見てくれた人が出てきて、婚姻届などを、外国人登録の担当の方に見せてました。
 そこで「通名変更する?」と聞かれます。…え?変えなくていいの?私は恥ずかしい話なのですが、外国人登録 証明書の署名のところを、通名で書いてるんです。本名は「李」なんですが、署名は「きし」で書いていて… 一度更新した時に本名の方で書こうとしたややこしくなると言われて、いまだに「きし」なんですね。つーことは、通名 変更するとまたややこしいのか…うみゅう。それに、通名変更すると親にばれやすそうだ。…やめよう。いつでも 通名変更できるしね!
 つーことで、私はいまだにいわゆる旧姓なわけです。いやぁ、韓国人って便利ですね。今、日本人同士の 結婚では夫婦別姓はできませんが、私の場合、同姓でも別姓でも好きなほうを選べるんです。むしろ日本人より お得じゃない?今まで国際結婚って手続きややこしー、とか思ってましたが、むしろらっきーと思ってます。
 なお、皆様にご忠告ですが、婚姻届を出した後、ついでに戸籍妙本?(良く知らないですが)とか住民票とか、 そういうものを取っておくと便利ですね。なにかと変更に使ったりしますので。私も後日、にーちゃんの会社に 提出するために(これは旧姓だったせいもあるんですがー)外国人登録済み証明書を取りに走りました。その時に 2通とっといたんですが、それが非常に役に立ったので。

 で、次の日、会社にご報告。おめでとうと言われる。…それだけっすか?なんか書類とかないの?と思いましたが、 バイトのせいか、まったくなし。ただし、にーちゃんの方はそれだけじゃすみませんでした。
 …お金もらってきたよ、おい。なんか互助会だとかなんだとかからもらったらしい。しかも贈り物をもらえるパンフレット まで!…「結婚したと思うなよ!」が合言葉の(言ってるのは私だけだが)私たちには過ぎた贈り物ですよ…おろおろ。 ちなみに贈り物はまだ出してません。おい。
次回に続く。



2004/10/17     帰ってまいりましたー

 詳しいことは明日自分メモのために書くとして。
 とりあえず結婚式の会場と日時が決定しましたー。ドレスは…それなりに綺麗なんだけど… けど…うううむ、なんつーか地味な気がするのか気のせいかなぁ?適当に妥協するべきなのかな

 それはともかくこれから忙しくなりますねー。頑張ろうー。



2004/10/15     ええっと

 明日は、USJに行く予定なんですよ。新幹線に乗って、行く予定なんですよ。
 …なんでそろって今(5:17)まで起きてるの?
 しかも二人そろってえっちなブロック崩しなんてやってるし。いやぁ、たのしい。 少しずつ脱げて行く様がえっちっぽくて、女の子がかわいく見える。(…あからさまなのはちょっと 引きまくりだが…)
 しかも、たまたま当たったところが ドロロンえん魔くんの雪子姫の服を脱がそう!つーブロック崩しだったせいで、ドドロンえん魔君の ストーリー調べて面白がってるし。本気で何やってるんだろう?いやぁ、楽しかった。少しずつ ドロロンえん魔君ってキューティーハニーと同じ作者なんですねー。個人的に永井先生の書く女の子 ごつくて好きじゃないんだが…(リメイクされたっぽいキューティーハニーを読んだことあるが、 女の子はごついし、裸がでても全然恥じらいみたいなものがなくて、全然えっちでもなんでもなかったし。)

 …とりあえず、着替え詰めなきゃな(そんなこともやってない。)
 私はまだ経験したことがないですが。遊園地を行くさいに徹夜するカップルが最悪だと言うことくらいはわかるのだが。 …本当にいくんだろうか?スヌーピーの耳あていらないかな?

 眠いでーす。本気でどうするんだろう・・・?



2004/10/14     いつか転載予定の感想

 超魔神英雄伝ワタルの「ワタルの心はあっちむいてほい!」の回を見てたんですが。
 いやーん、ワタルさま主役ーとか、ワタルの強い心についての考察はさておいて(いつか やりたいです、ワタルコラムの枝で)
 ワタルの旅に、ヒミコがいなかったらどうなってただろう…とそんなことを考えました。
 考えてみたら、あの回のごとく、主導権を握る小学生に大人(たとえばシバラク先生) に反発すると思うのね。もちろんシバラク先生はその前の「シバラク父さん、頑張る!」の回のごとく 「子供の自制心を大切にしている」人だって言うのも大きいのですが、 ヒミコの勢いに引きづられたって感じもする。ヒミコの勢いと、ワタルのキャラクターに 「この面白いのを見届けよう」みたいなそんな感じ。 もちろんワタルのそれなりに実力?を認めたというのもあるでしょうが…
 その勢い良く爆走しているヒミコの方向性を、ワタルはさりげなく(今回も「行こう!」で ヒミコは素直に従ってましたね)誘導することが出来て、皆も最初は ヒミコの勢いに押されてるだけだけど、やがてワタル本人のリーダー性とかそういうものに 気がついて(スズメなんかそのパターンかも)ワタルに仲間感覚を覚える…ってな感じだったのかなぁとか。 クラマもそんな感じですよね。
 しかし何回見てもなんでヒミコがワタルについてきたのか分からんのですが…んで なんで一緒に旅をしてるのかわからんのですが…ただわかったのは、どれだけ旅をしても、 ワタルのヒミコの関係は変わらないですね。ヒミコは戦力にならないし、相談相手にもならない マスコットキャラみたいな感じがありますが、たしかに活力みたいなものをくれるキャラで。 あのあっちむいてほい!の役はヒミコ以外の誰も(ワタルのトモダチの虎王でも)できなかったでしょうし、 いなかったらおそらくワタルは旅を続けられなかったでしょうね。(そういえば天まで昇れ魔天門!も そうでしょうね、きっと)

 明日から実家に帰るので、月曜日まで更新停止です。ご了承くださいませ。


2004/10/13     すっかり忘れてた告知。

 小説の更新は明日になりますー。はい。なんでかというと、あさって実家に帰ってまいりますので。
 いや別に「実家に帰らせていただきます!」と言うわけではなく、ただ単にウエディングフェアと、…いわゆる 結納みたいなことやってきます。つっても両家食事会みたいな感じなんですが。
 ここで「は?籍入れたんじゃないの?結納?」と思った皆様、鋭いです!ははははは。(乾いた笑い)
 ええええと、ですね。非難がくるかなーと思って黙ってたのですがぁぁ、実はですね、親に黙ってこっそり籍 入れた親不孝者なんです、私(笑)夏の帰省でばれて怒られたけどなーははは。 ちなみにばれたのは、にーちゃんの親が年金関係で戸籍を取り寄せたからです(T T)


 ちょっとまじめな話になりますが。結婚ってなんだろうと。そう思ったんです。
 私は確かに婚姻届を出しました。配偶者がいることになってます。で、それは結婚した、と言えるのでしょうか?そもそも 結婚とはなんぞや?と。
 辞書を引けば「夫婦になること」とありますが。じゃあ夫婦ってなんぞや?と言うことですね。
 事実婚、と言う言葉があります。つまり婚姻届を出していないけれど事実上は夫婦、と言うことですね。 つまり逆に言えば、婚姻届を出す=夫婦ではないわけですよ。
 逆に最近の事件でストーカーに婚姻届を出されていた事件があります。あれは結婚していたことには ならないですよね?実際婚姻届が出されたからって私が劇的に変わるわけではないし。
 それを親にいうと怒られました。「親の戸籍を離れて、にーちゃんとの戸籍を作ること、自分の戸籍に相手の名が 記載されていれば結婚したということだ」と。で、私はあっさり言い返しました。「私の 戸籍には結婚したとは乗ってないよ。剱奈さん(にーちゃんの事)の戸籍にも私の名は載ってないよ」と。 私は韓国籍の方の届出は今のところ出してないので、韓国のほうでは未婚です。(外国人登録には配偶者 情報は載っててます)ついでにいうと、通名変更してないからいまだに名前変わってないし。親は一瞬 言葉に詰まってました。もっともそのあともがっちり怒られたけどね!!

 私にとって、婚姻届を出すと言うことは、もちろん法律上で定められている婚姻の契約を結んだということは ありますが(たとえば浮気しないとかね)、そのほかには、法律上で有利になるくらいの認識でしかなかったんです。 税金の関係とか、保険の関係とかが楽になる。だから婚姻届を出しました。黙ってたら ばれないだろうと思ったんだよぅ。
 別ににーちゃんと結婚したくなかったとか、そういうことではありません。私は他でもないにーちゃんと人生を共にしたいと 思っていますし、結婚したいと思っています。
 では、私にとって結婚ってなんぞや?と思ったんです。で考えました。考えた結果、こういう答えが今のところ あります。絶対に真似しないで下さいな考え方ですが。

 「結婚した夫婦であると本人が知覚し、社会的に認められること」です。

 婚姻届を出して、本人が十分に納得したらその時点で結婚したと言えるし、私みたいに婚姻届を出しただけじゃん、 と言うのは結婚したことにならないんじゃないかなーって思いました。事実婚みたいに、婚姻届を 出していないけれど、本人が夫婦だと思い、周囲(=社会)に夫婦だと認められる行動を取っていれば、 それは事実上は夫婦であると認められるわけですよ。もっとも婚姻届を 出すことによって、生じる義務は(法律的に認められてないストーカー事件みたいな例外を除き)婚姻届を 出した時点でどんな屁理屈述べようが果たさにゃならんわけですが。

 変わった考え方であることは100も承知。世間的に認められない考え方であることも承知してます。 けどまぁ、誰にも迷惑かけてないし(親にしたらたまったもんじゃないでしょうが。まぁ、もーすぐ式挙げる予定だし、 許してくんなまし)、がっちり怒られたしまぁいいかなーとか思ってます。(怒られたこと自体は いたしかたないと思ってますよ。私が親でも怒るよ。)最終的には(呆れて?)普通に納得してくれたんで。 まぁ、私も親に納得してもらえると思ったからやりましたが。(じゃないと絶対にやりませんよ。)
 もっとも真似はしないで下さい。絶対怒られるんで。正式な手続きを取って世間にのっとって生きたほうが 遥かに楽です。あと相手が好きじゃないからとか、 一人に縛られたくないからとかそう言う理由で屁理屈を唱えるのはお勧めできません。法律 違反なんで。なら婚姻届なぞ出すなと。
 責任をちゃんと負いつつ「まだ結婚してないよーん、新婚生活はまだ先なんだよーん。 まだ彼氏彼女だよねー、ラブラブだよねー。結婚したと思って愛情に手を抜いたらいけないよーん 」と思っていたいという、私個人向けの考え方です。
 ただまぁ、こういう変わった考え方をする人間もいるということで。んで、こゆ人には 多分結婚式って必要なんだなーと思いました。うい。結婚式をしたら自分も結婚したなーと思えますので、とりあえず とっとと結婚したいものですな。
 しかし何が一番驚いたって、こんな特異な考え方に意を唱えない人間(=にーちゃん)がいたってことだよなぁ。 私の合言葉「結婚したと思うなよ!」つーのに突っ込みは入れつつも責めないし。黙っててと言ったときもとりあえず 聞いてくれたし。いい彼氏だよ、感謝。

 とはいえ、こういう反則にはリスクはつき物です。非常識だと 思います。多分今週末も怒られてきます。本気で絶対にお勧めしません。他人に押し付けることは 絶対にしない、私だけの価値観です。他の人には他の人の結婚観があると思いますし、それを 否定することはないです。 ただ、こう考えると、戸籍に載らないこととかの悲哀とかをまるっきり無視できるつー利点もあったりします。

 なお、爆裂恥ずかしいので、この日記のことをにーちゃんに話したりしたリアル知人はもれなく殴るんで、よろしく。



2004/10/12     いやぁ、最高

 ラピュタのゲームブック最高です。ずっとオークションで手に入れたいと思っていたのですが、 どこのどなたたか知らないが、ブックオフに売ってくれてありがとう!そして、たまたま気が向いてめったに行かない ブックオフに行った自分ブラボー。
 シナリオは、あなたはパズーです。2人でラピュタに入り込んでから、ムスカからラピュタを奪い返すまでです。とはいえ、 アニメの知識はそれほど役に立ちません。オリジナルイベント、目白押しです。
 いやぁ、もうこれ最高ですよ。とりあえずいろんなところ流し読みしてるだけなんですけどね。 いや、ためしにやってみたら、あっさりとシータと扉に体当たりしてですね、ラピュタの外に 2人でほうり出されてバッドエンドになりました。
 今までゲームブックと言えばドラクエとビックリマンしかやったことないのですが、( ビックリマンは兄が買ってました。あれはあれで面白かった。)これはほんと、ばたばたゲームオーバーになります。 なんてったって時間制限があるんですもん。タイムオーバーしたらムスカが世界征服しちゃって強制BADエンド。 ヴァルキリープロファイルかっつーの。
 しかし、アニメよりなんつーか冒険者なのね。王家の剣を手に入れたりできます。しかも めちゃめちゃ切れ味がいい。萌えに萌えてるせいかもしれませんが、頭にリフレインされる声とあいまって、 なんだかワタルのようだ…はうはう。いや、絶対気のせいなんですけど。パズーはパズーでワタルとはまったく 別次元で好きなので。(声優なんて概念がなかったころから、そもそもワタルを知る前から好きだったし。)

 その中で一番受けたイベント。ムスカがですね、シータを捕らえてですね。ムスカがこういうのですよ。 「仲間にならないか?」と。で、選択肢が「仲間になります!」「絶対嫌だ!」「ひとことも言わずに攻撃をけしかける」の 三つ。「念のため、ここの番号をメモれ」との注釈付き。
 で、やっぱりこういうのは一番面白そうなのを選択してみるわけですよ。で、「仲間になります」を選び、その番号まで 飛びます…おやおや、珍しい。たった2つ先。隣のページですが、見開いた隣ですので、ページをめくることなく到着。 そしてそこには「あなたはパズーである。このことを思い出すように。メモした番号に戻れ。」…なら 作るなや!こんな選択肢!!にーちゃんと2人で大爆笑させていただきました。

 めったに手に入らないものではありますが、見つけたらぜひ手にとって見てください。作者は佐藤大輔さんです。



2004/10/11     つりー

 三連休のラストです。皆々様におきましては有意義に過ごされましたでしょうか?

 わたくしは今日、毎度おなじみ「ざうお」に行ってまいりました。いや、なんか 昼間にうなぎのつかみ取り大会やるとかで。

 いつもはいろいろ事情があってバスで行ってたのですが、今日は自転車でしゃこしゃこやってまいりました。 意外と近かった。
 その自転車をこいでいる間、私とにーちゃんに少しいさかいがあったのですが。
 皆様は自転車をこいでいる時、ベル使いますよね?どういう目的で使いますか?
 にーちゃんはさっぱり使わないので怒ったのですよ、私が。するとにーちゃん曰く、
 にーちゃん:「ベルは人に道を開けてもらうための便利な道具ではありません。」
 私:「そうじゃなくて、ベルは人に自転車が来てますよ、と注意喚起をするためのものじゃないのか? それで道を開けてくれれば双方スムーズにいけるでしょうが!!」
 にーちゃん:「その前に人の近くにきたら徐行運転すれば良いでしょうが」
 私:「徐行運転したって相手が子供なら絶対気づかないんだから鳴らしたほうが早いよ!!」
 私の言ってる事が正しいと思うんですけどねえ。せめて同じ進行方向の子供づれの人には、たとえ道が開いていても 鳴らしたほうが良いと思う。子供はいつどんな方向に歩くかわからんし。親は子供に夢中だろうから、 自転車に気がつかないと思うし。

 さて、そんなことを言いながらざうおに着く。さすがに昼間は空いてますね。あっさりと 船の上の席をゲット。さっそくランチを適当に頼んで釣りをする。くじらがあったので、 クジラの刺身も一緒に注文。そして釣りに走る。
 …釣れないし。前回は人が多かったからだと思ったのですが、なんで釣れないんだろう…しばらくやって、あっさりと あきらめる。次は船じゃなくてその横の適当に垂らせるところを選ぼうと思った。子供はさくさく 釣ってるんですけどね(しかし子供は食べきれないほど釣るので、注意したほうがいいです。親が「もう 食べられないから釣らないで!」って叫んでるにもかかわらず、気にせず釣ろうとしているのにはいらいらしてしまった。 まぁ、子供ってそんなもんだけどね…)
 イセエビをとっとと引っ掛け釣りしてお刺身を食べる。ランチメニューには味噌汁がありましたが、懲りずに味噌汁も 飲みました。
 くじらは…まぁ、おいしかった。やっぱ魚と言うより哺乳類なんだなーって感じです。正直、乱獲するほど おいしいとは思えませんが、陸に上がったくじらを食べる分には良いと思います。
 …ところで、はがきに書いてあった予定時刻からずいぶん経ってもうなぎのつかみ取りをやらない… と思っていたら30分過ぎてようやく始まる。本当はアナゴも書いてあったのに、うなぎしかいなかったがっかり。
 子供、女性、男性に分かれてつかみどりゲーム開始。 掴んで離れたびくに入れに行くと言うもの。私も女性で参加しましたが…老婦人が早い早い!10秒で終わってたので 私、ほとんど何も出来ませんでした。蛇みたいで怖かったと言うのもある。
 にーちゃんも頑張ってましたが、結局駄目でしおしおと帰りました。まぁ、おなか一杯だったのもありますが…

 最後近くのブックオフに二件ほどより、ずっと探してたラピュタのゲームブックを発見して幸せ。…しかし ゲームブックであっさり死ぬのってはじめてみました。まるでアメリカ製みたいだ。いいのか、 これ。


前へ メニューへ HPトップへ 次へ
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット