2005年3月上旬の空の樹観察日記


前へ メニューへ HPトップへ 次へ



2005/3/10     結婚休暇日記4

 前回

 2月23日。
 朝から30回ほど切れました。神様仏様、この世におわす全てのおしゃれなギャル様、 どうか教えてくださいませ、この爪でどうやってコンタクトを入れればいいのですか?つまり30回、コンタクト レンズ入れるのに失敗しました。姉曰く「慣れ」らしいけど、それは自分の爪が自然に伸びた場合じゃないのか。 ぶっちゃけこんなことなれんでいい。とっとと取りたい。なんだこの琴を弾くような指は。 ああ、母の勧めで行ったエステでなかったら、 速攻で取ってたかも…しかし朝の10時から4時半まで付き合ってもらい、値段が25000円というのはかなり お手ごろだったのだろうなぁ…
 そんなわけで朝から電車に乗ってロフトまで行って除光液を買ってきましたよ。

 2月19日から、毎日毎日週間天気予報をチェックしておりまして、25日に出る「雨」のマークに絶望しておりました。 「…まぁ、週間天気予報なんて変わるし…」と希望を持っておりましたが、他は変わっても、何故か25日だけ 執拗に雨マーク!!あああ、2月なんてめったに雨振る月じゃないのに何でよりによってー と思いながら祈ったり電波送ったりしていたのですが、この日、初めて雨から曇りマークに変わりました!!嬉しい!!


 2月24日。
結婚前日。…結婚前夜と言えばしずかちゃん、と考えるのは私だけでしょうか、いや 日本に住む人共通の意見に違いない!と思っていたら知らない人も普通にいることを知る。とは言っても、私も テレビ自体はみたことないや。感動のアニメ特集とかでさわりだけ見たよ。
 こういうのって、どんな風に思うのかなぁ、と小さい頃など懸想した気もしないでもないですが、まさか「 早く爪取りたい!!うっとうしい!!」だとは思いませんでしたよ、旦那。もう嫌です、スカルプチャー。呪いの 武器。自分に一ポイントのダメージって感じ。
 ともあれ、ようやく天気予報が「晴れ」に変わって非常に嬉しい。ウキウキしながら二次会用の服を買いに行く。 結局「これだ!」つーのがなかったので、見つかった中で黒くない一番安い服にしたよ。「高い服買おう」なんて 慣れないことするもんじゃないなぁ。
 うっかり昼にぎょーざ食べて、自分のうかつさにちょっと愕然とする。でもまぁ、明日になったら消えているに違いない。
 夕方ごろから雨が降り出す。『雨前にずれろー』と祈っていた(本当に祈っていた)念波のおかげか。 あがってくれたら嬉しいな。
 家に帰る前に、原本さんから電話がある「何か変わったことはありませんか?明日指輪と 手紙、忘れないで下さいね。」とのこと。まめな人、なのか、まめなホテルの体質なのか。 まぁ、とても良くしてくださったと思う。いいホテルだ。…ところで私は花嫁の手紙はやらないっつーことに なっとったんだがのう。変わりに挨拶をすると言うことにしてたんだが…手紙はデフォルトなのか?
 とりあえず銀行で新札を下ろし、家に帰って100円ショップで買った便箋に手紙を書くことにする。別に 言う内容が同じなら手紙に書いて言った方が暗記しなくて済む分だけ楽だと思うし。問題は、司会者に 伝えてないと言うことなのですが。電話したが出ず。電波繋がらないし。まぁ、一応ある程度暗記して、 駄目だったらアドリブで頑張ろう。
 手紙は一応ありということで頑張って書いてましたが、間違いが頻発し、面倒くさくなって最後の最後で修正液登場。 まぁ、親にこの手紙渡す気もないし、そもそも親宛じゃないしなぁ、この手紙。「花嫁から花嫁の親への最後の手紙」 だけには絶対したくなかったし。そもそもその発想は、かつて「嫁」を身売りしてた 時代の名残だと、私は信じてるからなぁ。感謝の気持ちを伝えることはやぶさかではないが、それなら花婿 もやってないとおかしいもん。(だからずっと『手紙』をやりたくないと駄々をこねて『挨拶』という 形にこだわってたんですが。でも言う内容が同じなら、楽な方がいいや。)
 まぁ、正直花嫁の手紙によくある「感動的なエピソード」がなかったからでもあるのだが。一番印象に残ってるのが 親が離婚するとか言い出したときだし(しなかったけど)あとは、親が仲良く楽しそうにスリッパ取り合ってたなぁ とか。ある意味『泣ける』エピソードとしては私の存在を忘れて、スーパーで私を置き去りにして車を発進して 5分後に思い出して帰ってきた、とかそんなんだし。皆さんはあります?感動的なエピソード。 それとも女たるもののたしなみなのかしら?
 結局子供時代を支えてくださった皆様ありがとう。今日祝福してくださった皆様ありがとう。 そしてこれからもよろしく、という形でがしがし書いていくことに。

 ちょっと話が逸れますが、自分が書いた手紙を司会者に読んでもらったら「まったく」違う内容に変えられた、 という逸話を見たことが何度かある。例えば、両親が離婚しているにもかかわらず「私の両親のような 素晴らしい家庭を築きたい」という一文を加えられたとか、挙句の果てに死んでもいないのに「死んでしまった 天国のお母さん、私を見守ってください」など言われてしまったらしい。
 だいたいそういうことするのは、会場専属の司会者らしいんだが、一体何を考えて勝手に変えちゃうんでしょうね? そっちの方が「泣ける」と勝手に思ってるんだろうか?花嫁の言葉(たとえそれがいやいやで、本の丸写しでも、 花嫁が選んだ言葉)でなければ意味がないだろうに。場を盛り上げるためにアドリブは必要かもしれないが、 そういういらんアドリブしている人がそれで食っていっていることに、少々疑問を覚えた。私は 自分で読むつもりですが、仮に司会者に読んでいただいたとしてもそういう心配がまったくないことは、かなり嬉しく 思いました。

 閑話休題。夜はいわゆる「最後の晩餐」。鍋をやるとかいう話でしたが、結局近くの居酒屋に食べに行くことに。 しめっぽいことはまったくなく、昔の話など、普通に盛り上がるよ。「もうこれで、昔話で茶化されることがないと思うと 嬉しい」と言うと「絶対そんなことはない」と言い切られる。…嫌だなぁ…ああ、あと子供をはよ作れと。うん、 あのね、こういうことは神様が授けてくれることで、私にはどうしようもないと思います。子供授けてくれる 神様って誰だっけ?鬼母神とかだっけ?きゃべつとかコウノトリでもいいけど、まぁそのあたりに言ってくれ。 私は知らん。
 うっかり5人揃ってガーリックアスパラとかキムチとか食べたりして、ちょっと笑う。嫌だなぁ、にんにく臭い 花嫁になったら。大丈夫だと思うけど。
 夜は取っておいた「テレビチャンピオン大工王選手権」を見る。凄いなぁ、大工さん。この選手権は毎回好きです。 今回は面白い工夫もなくちと平凡だったかもしれない。早く寝ようと思ってましたが、結局いつもと変わらぬ 時間に就寝。明日起きられるといいけど…

結婚式1



2005/3/9     結婚休暇日記3

 前回

 2月22日猫の日。
 今日は母の知り合いのエステシャンのお店に行く。母に10時から3時までかかる、と宣言されていて「 …それは爪だけで?それともなんかやんの?」とおびえながら、車で送ってもらう。お店に入ると、 なんか、エステのお店というよりは、手芸やさんっぽい感じで。手縫いの服とか置いてるし。奥に 入ると花柄フローラル!!乙女チック!!新婚さん!!って感じの家具や内装盛りだくさんで少しおかしい。 これは家主の趣味なのか。それとも、「女性チックに」ということなのか。まぁ、自分で着る事を加味しなければ こういうフリルとか可愛いものが嫌い!!って女性はそういないと思う…んだが。
 うおおー、かわえーと思いながら座ってアンケートを書こうと紙を取り出したとたん「忘れるな」と 言われた借りていたネイルの本を、車に忘れたことに気がつき母に電話。なんとか事なきを 得ました…
 で、アンケート記入。つっても住所名前書いただけで、前回のエステとはえらい違いです。そして 服を下着まで脱いで、紙のショーツ&ローブに着替える。全部ピンク。なんだろう?女性は全てピンクが 好きだと言うのが常識なのだろうか。いや、可愛いのは好きだけど、トイレットペーパーまで花柄なのは ちとやりすぎだと感じた。
 まず最初はエステ。顔、胸、背中をやってくれる。マッサージは正直ちと痛かったんですが、ひたすらクリームなどを 塗られている間、寝てしまいましたよ。ああ、気持ちよかった。そして一時間半ほどたったあと、突然二人の女性が 部屋に入ってきて、両手の爪を整えはじめました。顔に一人。両手に一人ずつ。…私はどっかのお姫様か。
 計2時間後、エステ終了。次は爪…ということになったとき「四時くらいまでかかるから、お昼食べた方がいいよ」と言われ、 サンドイッチをご馳走になる。もふもふ。なんていいところなんだ。しかしあの、正直 ここはエステと言うより「よそのおうち」って感じなんですが、内装といい雰囲気といい…いや、居心地は悪くないけど。

 そのあとスカルプチャーという付け爪をつけてもらう。なんか爪の周りに型紙張って、上からアクリル塗って爪にするんですが、 張るわけではなく塗るので、非常にはがれにくいらしい。
 まず爪整えて、塗る。そしてその爪を削って整える、また整えるためにちょっと塗る…というのを10本分、計4時間。 そのあと飾りつけ30分。…終わったの4時半でしたよ。いやぁ、たいっへんでした。
 その間、ネイルの人といろいろ話しましたけど…ああいう作業中って、話しかけられるのうっとうしくないかなーと 話すのを躊躇してしまう。正直一般人となに話せばいいかわからんわけで。とりあえず「11年」に驚かれるのは デフォルト。あと、また聞かれたよ「お互い別れるとか浮気するとかはなし?」…あのー11年付き合ってたら、 浮気するのはデフォルトですか?ないですよ?少なくとも私は一切ないです。向こうは知らんけどないと 思いますですよ。
 とはいえ、前のエステと違い、ちゃんと『お客様』だと認識して話してくださる分だけ不快感というのはほとんどありませんでした。 やっぱりこの間のエステは駄目だな。
 あと神奈川で働いていて、SEで、土日は晩御飯作ってくれる…ということを話したら「そんな夢のような人がいるのか!」と めちゃめちゃ驚愕されたよ。…こういう時、なんていえばいいんだろう…「そんなことないですよー」と思わず謙遜してしまったけど 、これって結構にーちゃんに失礼かもしれない。男は女を「愚妻」扱いするとどっかで言ってたけど、余所の人に向かって堂々と のろけるのって、結構難しいと思った。友達なら全然平気なんだけどなぁ…

 飾りつけは…「真っ白でパールで十字にして欲しいです」と「色塗り分けた方が流行りだし、お花の方が花嫁っぽいよね」と 言って却下されてしまったよ。いやもう、面倒なんでおまかせしました。一応パール使ってくれたし、もうなんでもいいや。
 しかしこの狭いスペースに、よくまぁ、花が書けるもんだ。私めちゃめちゃ不器用なんで、すっごく尊敬するよ…しかも 4時間すわりっぱなしの、神経使いまくり…すごい!

 私が爪やっているあいだに、隣の家のおばちゃんが、エステに来ました。私の結婚式に招待してるんですが、そのためらしい。 …正直、私よりはりきってないか?おばちゃん。まぁ、平日につき合わせて楽しみにしてくださっているのは とても嬉しい。しかし花嫁の母をさしおいてエステに来るおばちゃん(他人)素敵だ。

 そして完成…えーと爪邪魔。これでも短い方、ということで一センチくらいなんですが、…どうやって生活してるんですか 普通の人は?無理?ボタン留めるたびに爪がひっかかって爪はがれそうだよ!! 布団に入ろうとする駄目で爪が痛いよ!!…しばらく置いとこうかと思いましたが、結婚式終わったら速攻で取ることを 決意しました。
 とは言え、普通の爪より丈夫なことは確か。はがれることはまずないでしょう。その前に爪ごと逝くね、これ。

 …その夜、よりにもよって初めての方から書き込みがあり、返信を返そうとしましたが30秒で断念。こんな爪で キーボードが叩けるかっつーの!!指の腹で(いつものように)叩こうとすれば爪が他のキーにひっかかり、爪の先で 叩こうにも不安定で上手く叩けないし、何より痛いわ!!ごめんなさい、と思いながら結婚式終了まで 放置することにしてしまいました…姉曰く「慣れ」らしいけど、正直慣れたくないです。この先、付け爪をつけることは あっても、スカルプチャーをつけることは二度とないことを宣言しよう。
 次回へ




2005/3/8     初出勤

 今日は「蒼夢(新姓)」として初出勤してきましたよ。なんつーか、誰?って感じです、はい。
 いや、にーちゃんの苗字だと言うことはわかっているのですが・・・困惑+嬉しはずかしですね。でも 職場の人も、普通に「きし(旧姓)」で呼んでましたけど…

 うちの職場には「蒼夢(仮)」以外にも「○夢(仮)」という後ろの感じが一緒の人が私以外に二人もいまして… たまに蒼夢と呼んでくれると、別の人が返事したりして、結構混乱を招いております。同じ名前の人がいないことだけが 救い。

 あと、私が居ない間に入ってきた人と、初顔合わせ。相沢さん(仮名)と言う方なのですが、かなり優秀な人で、嬉しいような あっという間に追い抜かされそうで恐ろしいような…いやとても優しげで良い方なのですが。
 ただ時々「相田だっけ?相沢だっけ?」と思ったときに「…kanonの主人公kanonの主人公…木目沢ネ右一(違)…」 と心で呪文を唱えていることは、内緒です(笑)

 あと来ている方にお土産を渡す。しかし本当につまらないものを渡す時ってなんて渡せばいいんでしょうね。 謙遜じゃなしに本当につまらないものなんですけど。(そう言って渡しておいた)カリブ歴史が薄いせいかお土産少ないよ…

 結婚休暇日記2。前回

 2月21日
 今日は式場にウェルカムボードとBGM、席次表、席札を渡しに行くのですが…重い、重いよ!昨日の夜、頑張って完成させた( 嬉しくて姉などに見せたら綺麗に出来たと行ってもらえてうれしかった。自分のセンスに自信がないので)ウェルカムボードは A3の額縁。箱一杯のプチギフト。うう、自転車で(駅まで)運ぶのはちと辛い…でも頑張って持っていきましたよ!! しかし坂を下りるとき、めちゃめちゃ風にあおられて辛かったっす。
 ホテルについて、とりあえずメイク&髪型の打ち合わせ。…実はイメージがあったんですよ、なんとなく。 FATEのセイバーみたいなのがいいなーとか…でも恥ずかしくて持っていけませんでした。上手く伝えられたかなーと思いましたが 実際は全然違いましたねー。まぁ、悪くなかったので良いのですが、やっぱ持っていくべきだったかな。メイクのことは、 化粧さっぱりしないので、お任せしちゃいました。相手はプロだし。ただ、以前めっちゃ濃くされて、おばさん くさくされたことがあったので「化粧しないので、ナチュラルで!!」と強く強く念を押しておきました。

 20分くらいであっさりと終わり、またロビーに戻る。…すると、ずっと担当してくださっていた原本(仮名)さんが 風邪でお休みらしく、別の方が対応してくださいました。ちょっと不安でしたが、とりあえず問題なく いろいろなもののチェックをしてくださいました。…なんかやたら席次表を褒めてくださいましたよ。外見なのか 中身なのか。外見はハンズで買った奴そのままなんだけどね。中身はにーちゃんが頑張ってくれたけどー。

 その後、ホテルから出た時にあさぎさん&kkjetと合流。 「なんだ剱奈君いないのか。せっかくkkjet連れてきたのに。もう帰っていいよ、kkjet」というあさぎさんを なだめながらその足でホテルに取って返し、ウェディングキャット(笑)をお渡しする。へぼいから ラッピングを取らないで、とあさぎさんの言葉に苦笑しながら託しました。

 まず、せっかく都会まできたので、あさぎさんのアクセサリー選びに付き合いました。とても楽しかったです。 私もこんなの可愛いなーなんて見てるのは楽しいですね。
 その後、二次会用…というわけではないのですが、結婚式の後に着る服が欲しくて探し回ったのですが…正直ぴんと 来るのがなくて断念。というか高い服(3万くらい…普通にしたら高くないのかしら)と念じながら探しましたが、 デパートだと私みたいなふとっちょさん(つっても11号なのですが…)が着れる服ってほとんどないんですね(T T) 9号ばっかりで…着れても3万出してまで買う服でもなぁ…と思ってしまうので断念しました。
 …つーか私、人を服選びにつき合わすのが苦手だとつくづく思いました。人に付き合うのはいいのですが、つき合わすのは 非常に辛い!そもそもセンスが自信がないのでにーちゃんもつき合わさないようにしているのですが、あさぎさんなら ともかくkkjetさんまで!!まじつまんなかっただろうな…
 「めったにデパートの服売り場なんていかないから面白いよ」と二人は言ってくださったのですが、 延々3時間…しかも結局買わなかった!!うわまじでごめん!!もう二度とやらん!精神的消耗が一番多かった。というか、 誰かに買い物付き合わせると「早く買わないと」と気がせっていらんもの買おうとしてしまいそうで駄目っすね。私は 向いてないや。最後の方は精神力えんぷてぃで、ぜーはー言ってました。反省。次回へ




2005/3/7     結婚休暇日記1

 結婚への道22へ

 そんなわけで、出かけた2/19から帰ってきた3/6(結婚式準備から新婚旅行)までを頑張って日記に書いていきたいと 思います。風邪でだるだるになるまでは、ノートに残してたので、結構楽ちんなはず。頑張ってまいります。では

 2月19日
  実家に帰る日。新幹線の乗る直前ににーちゃんと東急ハンズに行く。この後の及んで旅行の準備とか してるよ、このカップル。防犯のために腰巻物入れなどが欲しかったんです。
 防犯ポーチは首下げ型と腰巻のウエストポーチ型の二つがありまして、どっちにしようかなーと思っていたのですが、 ウエストポーチ型にしました。首下げ型はどう頑張ってもウエストポーチにはならんけど、ウエストポーチはベルト 一杯に伸ばせば首に下げられるしな(結局下げなかったけど)にーちゃんは首下げ型のポーチ(結局一回も使ってなかったけど) とベルトポーチ(これは結構使ってた)を購入してました。ちなみに私のウエストポーチは大活躍でした。あと 防水袋(大活躍)と部屋干しトップ旅行用(使わなかった…)を購入。
 大急ぎでご飯をたべて、こだまに乗る。ぷらっとこだまのドリンク券、ビールとジュースって書いてあるけど、チュウハイとかも 帰るんですね、結局なんでもいいのか、これ。
 大阪まで行く最後のこだまだけあって、結構凄い人。でもこだまだと5時間かかるんだけどね。絶対暇だと 思ったので「花とゆめ」を購入。VBRもフルバもスキップビートもあったおかげで退屈しなかったよ。雑誌はいいですよね、 読むところ一杯あるし、捨てられるし…途中寝たおかげもあってか、充実した5時間でした。
 ついた頃には11時。申し訳ないですが、電話で父を召還して迎えに来ていただきましたが… 駅に降りた私を出迎えたのは…パパンとハチ(犬)?ハチはお母さんとラブラブなのですが、 意外と父ともラブラブなのね。でもね、父よ、運転席に犬を持ち込むのは危ないよ?タクシー運転手なんだからさー。

 かなり疲れきって帰ってきた私を出迎えた私の(元)部屋は…えらいことになってました。
 うちの猫は17歳で、ぶっちゃけぼけてまして、吐瀉物とか排泄物とかがそこらへんに散らかってるのはまぁいいとして( とっくに乾燥して渇ききってるからにおいもしないし)、部屋の中心に鏡の台だけ置いてある(鏡は外れてる)わ、姉の 服は積みあがってるは、挙句の果てに、ほこりかぶった箱がベッドの上の置いてあるは…つか、何よ?この箱? と思って開けてみると…母のウエディングドレスでした。…もしかして…母…秋桜ですか?感傷的になってくれましたのですか? つーかこのベール結構素敵だなぁ、これ、作り直して使えばよかったかも(ドレスはサイズが小さすぎて着れたもんじゃねえ)

 寝れるか!つー状態だったので、大掃除してお風呂入って就寝しましたよ。あー、疲れた。


 2月20日
 朝9時に起きて、以前送ったゆうパックをぼんやりと待つ。しかし結局来たのは11時だったよ、睡眠時間返せ。(9時から12時 指定だから文句言えないんですが…)席次表など、ちゃんと壊れずに到着して、ホッと一息。
 家には休日にはお昼を外に食べに行くという習慣があるのですが、久々に母と姉と近くのスパゲッティハウスで食事。 その最中に質問。
 私:「そういえば、ベッドの上に、お母さんのウェディングドレスの箱があったけど?」
 母:「ああ、あれな。この間防犯チェックの人が来て、防犯ベルが置いてある場所を家中探し回ってん。たんす 全部のけて、屋根裏まで登ってんで。ちゅうか、あれドレスの箱やったんやな」
 …っち。感傷もなにもあったもんじゃねーな。
 ついでに初めてその近くの100均のパン屋に行き、その豊富さに感動。全部100円なのに、大きさも普通で 種類も豊富!木苺のサンドイッチとかあるんですよー。しかもおいしかった!もう行くこともないだろうけどな…

 帰って明後日するネイルアートのチェック。どんなのが良いか本を見て考えておくようにという言いつけ。最近の 花嫁は爪まで飾るんですな。ウェディングネイルはレースが主流。いいかなーと思いましたが「結婚式の後は浮くよ」と言われたので 断念。真っ白にしてパールで飾ってもらおうかなー。
 しっかし最近のネイルアートはすごいね。爪の付け根に大量のぼわぼわの羽とかつけるんですよ。あれ、水に濡れたら へにょへにょになるんじゃないか?つーか家事しないのか?あと爪先にアクセサリーつけたり、爪をはみ出した形で イチゴが書いてあったり、見てる分には可愛いけどね。すごいなぁ…

 晩御飯は、姉と母共同制作のお好み焼き。たまねぎと山芋を摺っておからとまぜて作ったお好み焼きはもんのすっごくおいしかった!! このねぎ大嫌いな私が、ねぎ焼きを半分も食べてしまったくらい!!(ちなみにジャガイモを摺ってもおいしいが、焼くと 緑になるから気をつけろとのこと)やっぱ実家はいいですな。次回へ




2005/3/6     帰ってまいりましたー

 カリブから、帰ってまいりましたよ!!
 パスポートやお金を落とすこともなく、飛行機も当然落ちず、犯罪にも巻き込まれず、 詐欺にも会わず、麻薬等もなく、平穏無事に帰ってまいりました!

 …まぁ、一つ難点と言えば、がっつり風邪引いて半分は寝込んでたってことなんすけど。 日本人の恥さらしに、吐いちゃいましたよ(私日本人じゃないけど)、港で。
 ああ、今も喉が痛い。明日は一日お休みなので、明日までにはなんとか治したいです…




2005/2/26     子供

 泣いている子供がいます。

 例えば部屋の隅に。
 校庭の土管の中に。
 ベットの中に。

   誰からも愛されることなんてないと、泣いている子供がいます。

 例えば階段の踊り場に。
 例えば児童会室に。
 そして私の心の中に。

 きっとこの先、幸せになることなんてできないと、信じて泣いていた子が、確かにいます。
 ぎゅっとその子を抱きしめて、こう言ってあげたい。

 そんなことはないよ。
 確かに幸せになれるよ。
 貴方にも沢山沢山、問題はあるけれど。それを乗り越えないといけないけれど。
 それでも確かに、幸せの欠片を掴むことは出来るよ。
 そしてこれから、また努力して幸せになっていけると、私はそう信じているよ。
 そう言ってあげたい気持ちで、いっぱいです。


 2/25。結婚して参りました。


前へ メニューへ HPトップへ 次へ
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット