2005年4月上旬の空の樹観察日記


前へ メニューへ HPトップへ 次へ



2005/4/10     風邪風邪

 にーちゃんが寝込んでます。
 最近忙しく毎日1時ごろに帰宅してたにーちゃん。急激な気温変化と私が風邪引いてたことも考えると …ひかんほうがおかしいよなぁ…しみじみ。可愛そうに、にーちゃん。

 さておき、ようやくアマゾンで予約してた「だらだら毎日」が届きました。リンクも張ってるサイトが本になったんですよー。 発売日に欲しかったんですが、アマゾンだとトートバックが当たるらしいので、アマゾンで予約。…2日もかかった上、 メール便、しかも落として踏んだ後があったぞ、おい。
 …とはいえ、実はトートバック当たったので、遅れた事に関してはしゃーないなーって気分にもなってますが…トートバックは まだ来てませんが。6日くらいにメールが来た。ちょっとびっくりした。こういう運はあんまりない方だと思ってたので… 本当に時の運担当か、私は。(かつてアメリカ横断ウルトラクイズに出撃するなら蒼夢は時の運担当ね、と言われた) どうしよう、人生の運を全て使い果たしてたら。

 本を見て、二人で「こういう夫婦になりたいねー」なんてのほほんとしてしまいました。もっとも私たちの夫婦の形は、 私たちにしか作れないでしょうけどね。だらだらのほほん、やっていけたらよいな。
 ともあれ、とりあえずにーちゃんの看病します。37.5の熱は、ある意味高熱よりきついですからね。 ちなみに私が風邪を引いたときは、水を大量に飲みます。汗なんかから水と一緒に熱を出す、と教わってましたから。



2005/4/9     ハネムーン9

前回の続き。

 セントロのメインロードをずかずか進みます。イスラ・ムヘーレスのセントロは小さく、お土産屋にいたっては2時間も あれば全部見て周れそうです。でもとりあえずめぼしいのがないので、海岸に向かいます。
 その途中、カンクンでよく見かける黒い鳥…なんとなくカラスに似ているのですが、首の辺りが微妙にきらきらとしていて、 声も可愛い綺麗な鳥です。
 私:「ガイドさん、あの鳥、なんていうんですか?」
 ガイドさん:「あー、それが…その、ここでガイドしてから何人もの人に聞いてるんですが…誰一人 同じ答えを返してくれなくて…」
 いい加減なメキシコ人、ビバー!!
 墓地を越えて、ココ・ビーチに向かいます。この国はキリスト教が多いみたいですね。教会もありましたし。
 随分とあったかくなってきてまして、とりあえず椅子にタオルをすえます。ガイドさんは後ろの小さな海の家 みたいなところで見ててくださるそうで。お仕事なんでしょうけれど、2時間暇なんでしょうな…申し訳ないですな。
 とりあえず服を脱ぎ、水着姿になりましたが…海の家のところに、猫がいました!めっちゃ可愛い!猫好きー。 なんだか猫も珍しく人間好きらしく、抱かれでもおとなしくしてましたし、なでられてくれました。嬉しい、 可愛い。写真を撮ったりなでてなでてなでまくってりしてました。ああ、可愛い…

 その後、とりあえず海に入ります。うう、やっぱり水が冷たいです。しばらく泳いでいたのですが、 身体が冷えて、気持ち悪くなってしまいました。結局ダウンして身体を温めながら横になることに。 日に当たってると暑くて、気持ちいいんですけどね…ぽかぽか。
 しばらくあったまったり、また猫に触りにいったり、その猫が盛ってたので諦めてまた寝たりしてました。 最初はお土産屋さんにいってらした猿田さんたちも、結局横で寝ていらっしゃいました。やっぱり寒かったですよね…


 時間になり、帰りの船に向かう。教会の前で写真を撮らせてもらったり、お土産屋さんをのぞいたりして平和だったんですが… なんか段々気持ち悪くなってきました。冷えた身体をあっためたつもりだったんですが…やっぱり胃の中のものがモニョモニョ してます。…でも…うう、しばらく待てば治ると思うんですけど…船が心配だな…我慢…。さすがに顔色が 悪かったらしく、にーちゃんに「我慢しない方がいいですよ」と言われてたんですが…新婚旅行だし…と思ってたら、すみません、 吐いてしまいました。港で…
 幸いビニール袋を持っていたので全部落とすわけではなかったですが、ちょっとこぼしてしまいました。すみません、 日本人(じゃないけどさ)の恥をさらしてしまいました。
 ガイドさんも猿田さんも心配かけてしまいました…本当に恥ずかしかったです。駄目ですね。あう…吐ききったらすっきり しましたけどね。

 船の中では気持ち悪くなることもなく、ホテルに帰り、そのまま睡眠。にーちゃんにもつき合わせてしまい、なんだか反省です。

次回へ



 

2005/4/8     また

 小説書くのに時間ぎりぎりまで使ってしまった…あとで誤字脱字チェックします。

 今日は入学式ですかね?小学校の。綺麗に桜が咲いてましたね。明日あたり、是非お花見が したいです。

 中学時代、にーちゃんと同じクラスになりたくて、毎日祈ってた可愛い自分を思い出しました。… 結局同じクラスになることはなかったのですが、私とにーちゃんとの仲は公認で、カップルは基本的に 同じクラスにはしないらしいですね…中一の時は付き合ってなかったんだけどなー。まぁ、あれだけ 広まってたら無駄か…(学校中が知っていた。)
 逆に高校時代は、同じクラスになりたかったあさぎさんと、三年間同じクラスだったなぁ… まぁ、進路が同じだったので、そうなっちゃいますけどね。あの時は嬉しかったなあ…
 どうでしょう?皆様は同じクラスになりたい人となれましたか?どうぞ楽しい新学期を 送ってくださいね。



2005/4/7     ハネムーン8

前回の続き。

 さて、イルカが終わると、とりあえずダッシュでロッカーに向かいます。寒いです、真面目に寒いです。 風邪引きます。タオルまでダッシュ…というか、桟橋において置けばよかったよ…
 ガクガクブルブルでとりあえずタオルに包まる。ホテルのタオルは大きいからいいやね。そしてしっかり身体を拭いて、 また先ほどの建物に案内されます。最初に行ったのとは別の小部屋に入る。スペースは同じくらいの大きさで、 今度はイルカで一緒だったメンバーが丸々そこに入るわけです。
 すると、パソコンにつないだビデオカメラと、それにつないだパソコンに繋がったキーボード(ややこしいっすね) で、テレビ画面に何か入力してます。で、何かと思ったらスタッフロールの部分ですわ。ちゃんとうちらとの イルカ二匹の名前が出るように。船で聞かれた奴ですね。ちゃんと新姓の蒼夢桜織になってました。で、私と 猿田さん夫妻のところには「HAPPY HONEYMOON」と( 真ん中の、ウィンドウズではハートになるんですけど、もしかしてマックだとそうならないですかね?) 書かれてたりして芸が細かい。というか恥ずかしかった。

 そして始まる。いやぁ、中身も凝ってます。繰り返しや、スロー、撮った順番で流すんじゃなくちゃんと編集して ある。…たった15分の間に。すっごいなー。いや、十分笑わせてもらいました。要所要所でカメラマンさんが 突っ込みを入れるんだ。それもまた面白かったです。でもまぁ、50ドル出して買う気はないですが… ビデオに元手かかってないのに、高いよ…でも買っちゃう人、いるんだろうな。

 その後、服に着替えてしばらく自由時間。お土産や、ビデオと同じく写真が買えます。正直言うと、私のビキニ姿 なんて猛毒つーか公害、メキシコから出す気ないんで買いませんでしたけどね。イルカは自分のカメラで撮りまくったし。

 集合場所でガイドさんと猿田さんたちと合流。イスラ・ムヘーレスのセントロ(ダウンタウン)へ向かいます。 タクシーに全員は乗れませんねーとガイドさんがおっしゃったので、遠慮して後ろを歩いてたら、私たちの方に ガイドさんが乗っちゃって、猿田さんたちに悪いことをしてしまいました。しっかし、セントロへ向かう道は なんというか…荒れた場所にぽつんと家がある感じで、「ああ、外国なんだなー」と思いました。それ以上に、 タクシーの飛ばしっぷり&道の真ん中を堂々と走る原チャリが怖かったですけどね…あと、車は日本製が多かったです。
 ガイドさんといろんなことを話す。その中でBobさんの日本語に感動したと言ったら、「ああ、あの人最初は 『ニンテンドー、ソニー、トヨター』だけしか言えなくて、しかも自信満々だったんですけど、さすがにそりゃやばい と思ったのか、自己紹介が言えるようになってましたね」とのコメントに爆笑してしまいました。ごめんね、ボブ。
 30分くらい行ったところでセントロの入り口、セブンイレブンに到着。蒼夢、セブンイレブン見て、大興奮。… だって、ホテルゾーンにあるコンビニ、全然見たことのないコンビニばっかなんだもんよ…すっごく嬉しかったよ…


 イスラ・ムヘーレスのセントロは、カンクンに比べて小さいです。すぐ周れます。道並も可愛い感じです。しかし皆様 バリバリ日本語で呼びかけてきますね…まぁ、とりあえず何も見ず、ガイドさんに連れられてお昼場所に向かいます。 お昼場所は小さな食堂みたいな感じですが、二階が安い宿になってる…って感じですね。メニューはすでに決まってるみたいですが、 お酒何飲む?と聞かれました。
 正直、真昼間から飲むのにちょいと抵抗。でも別にたいしたこともないと思い、マルガリータを注文。にーちゃんもマルガリータですが、 にーちゃんはグレープフルーツのやつ、私はストロベリー。ちなみに猿田さんカップルはビールでした。しっかし… めちゃめちゃきっつい…10分の1飲むだけで、かなり身体があったかい…ほわほわ…つーくらいで…
 初めてトルティーヤスープを飲む。ずっと辛いものだと思ってたんですが…ライムの酸味がさっぱりですっごく おいしかった。感動しました。タコスのソースが辛かった(らしいけど、食べてない)の以外は、別に辛くもなく おいしかったです!全部食べられないくらいの量でしたけど…最後のチョコレートアイスもおいしかった。
 そして食事中に、猿田さんたちと世間話。…こういう時何を話していいかわからずに、とりあえず猿田さんの職業を 聞いてみると…海上自衛隊の方だそうで…すっごく驚いて「金曜日はいつもカレーだとか言う?」とか恥ずかしいことを 言ってしまいました…ちなみに奥さんとは自衛隊公開日に出会ったんだそうで。で、忙しくて結婚うん年目で新婚旅行 することになったとか。ほわー、大変ですな。
 ようやくなんとなく打ち解けて、ラストはイスラムへーレスで綺麗だと言われる「ココ・ビーチ」に向かいます。次回に続く

次回へ




2005/4/6     あう?

 いや、なんか、熱があるんですけど。といっても37.5なんですけどね。風邪引くようなことは 髪の毛が濡れたまま寝たこと以外想像つかないなぁ…しかし熱があるとは気づかなかった。 道理で今日は暑いと思ったよ(ノースリーブで一日すごした)
 明日はバイトが一人なので、意地でも休めません。ちょっとゆっくり休んでてもいいですか…?

 最近にーちゃんの帰りが、毎日1時過ぎなので、ちょっと心配。私の風邪をうつさないようにしないと…仕事が 忙しいのは結構だが、身体をつぶさないことだけを祈ってますです。
 私:「来週の水曜日は早く帰れる?」
 にーちゃん:「なにもないから、帰れると思いますけど?」
 とか言われた来週の水曜日に26になる蒼夢でした。



2005/4/5     ハネムーン7

前回の続き。

 生簀に向けて桟橋を歩いていると…曇ってきました。正直寒いです…水は冷たいです。前のアメリカ人たちが 「あうち!」とか「こーるど!」とか叫んでいるのを見ると、躊躇しますが、それ以上にイルカが 可愛いので、勇気を出してつかります。
 …さむさむさむさむ!…早く水の温度になれよう。
 生簀は深く、周りに金網が敷いてあり、そこに立てるようになってます。まず、私たちは一列に並び、 金網に立ちます。しかし波があるので、棒に捕まらないと落ちそうになりますが…ライフジャケットもありますしね。

 最初にイルカの紹介。オスのイルカがジュピターで雌のイルカがマーキュリーと言うらしいです。可愛い!めっさ可愛い! 寒いけど入ってよかった!!
 まず手を並べて両手に出すと、イルカがその下を泳いで、なでることができます。ちょっとつるつるしてますが、 やわらかくって、気持ちいい手触りで凄く嬉しい。ヒレをぱたぱた振ってくれるんですよ!!あー、可愛いー、 昔ちょこっとだけイルカの調教師になりたいと思った夢がよみがえるよ…

 ちなみにイベントは四つありまして。

 一つ目は二匹のヒレにつかまって凄いスピードで泳ぐ。
 二つ目は両手を抱えた形で用意すると、そこにイルカが入ってきて、抱きしめることが出来る。
 三つ目はほっぺたにキスしてもらえる。
 四つ目は二匹が足の裏を押してくれて、そのまま飛び上がることが出来る。
 一個一個一人ずつやっていくのかなーと思ったら、なんか調教師さんがランダムに「ではこれやりましょうかー、 じゃ、あなた(当然英語)」って感じでこなしていく…って感じでした。それぞれ感想。

 1つ目。まずふよふよと生簀の中央に出て待つ。…無事につかめるかなぁ・・・と不安ですが、さすがいるかはプロ! ちゃんとつかまれました!が、いつ振り落とされるか怖かったです。爽快でしたけど。
 2つ目。きゅわっとだきしめるのが愛しくて愛しくて。めちゃめちゃ可愛かったです。ぬいぐるみをだきしめてる感覚 ですね。
 3つ目。どれくらいをどうキスしていいか悩みました。ビデオを撮ってるので、カメラ目線で・・・って言うことだったのですが、 最初はすっごく短くて、もう一回!と言われたのでキスしまくってしまった…あとアメリカンジョークか、誰かがこれを する時に調教師さんが「フレンチキスはするなよ!」って言ってたのがおかしかったです。
 4つめ。まず、中央に人が行くのですが、誰かが行くたびに、調教師さんがジョーズのテーマを口づさむのがおかしかった。 「サメは出ないよー」と言いながら、毎回くちづさむので、私たちも一緒に歌ってました。うーん万国共通。
 で、まずスーパーマンが飛ぶ時の格好をして待つ、とビデオで言われたので「スーパーマン…」とつぶやきながら 待ちました。すると後ろからぐいっと押されて、そのまま足まで水の外に出るわけです。そのまましばらく 走り…ぽーんと飛ぶ…その感覚が非常に楽しい!またやりたい!っておもいました。ちなみに最後飛ばされる時に 「いぇい!」って感じで腕を振ってみたら受けました。もっとオーバーリアクションしても良かったかも。

 にーちゃんも動物好き(犬は嫌いだけど)なので「可愛い…」と上機嫌。8人中5人が男性だったんですが、 皆嬉しそうでしたね。

 最後は生簀に円になってその中をイルカが周ってくれるので、それに触って…というアトラクション。…いるかが 真円を描いてくれないので、上手く触れないと、皆本気でくやしがります。動物愛は国境を越える… というかどんな人でも(ごつい人もいたし、めちゃめちゃ金髪美人もいた)可愛いことを愛する気持ちは かわりないなーと嬉しく思いましたよ。言葉のわからない私にも声をかけてくれましたしね。 いろんな意味で、すっごく楽しかった。30分くらいだと思うのですが、ものすごく短く感じました。 もし行くことがあったら絶対またやりたいですね。

次回へ




2005/4/4     ハネムーン6

前回の続き。

 船を下りると、まっさきに迎えてくれるのが、イルカです。生簀に入ってるイルカが可愛い可愛い!思わず 写真とりまくり。また、別のところにサメもいます。人は食べないタイプみたいですが。デンジャーと書いてあるのが ちと怖いな。
 まずロッカーに案内され、荷物を全部入れるように言われます。カメラも桟橋に置くので置いておいた方が いいと言われ、私のインスタントカメラだけ持っていくことに。ちなみにペアに一つのロッカーでした。
 島の中はかなりにぎわっていて、日本人の方もいらっしゃいました。服も脱いで水着だけになったんですが… 猿田さんの奥様、かなりスタイルのよろしいかたで、隣で歩くのがちと辛い。しかし目の保養。(じろじろ見てたわけじゃないですよ) ちなみに「泳げないんだけど、大丈夫かな?」とおっしゃってましたが…確か水に入って泳ぐような気がします。 まぁ、ライフジャケットを着るので、大丈夫だとは思いますが…

 着替え終わると、建物の中へ案内され、小部屋に入ります。そこには8席ほどの椅子があったのですが、 入ってきたのは私たちを含めた日本人たち8人です。目の前にビデオがあり、そこでイルカと たわむれるコツや、イベント時の動作説明…そして環境を守ることの素晴らしさをとくとくと語ってくれます。いや、 素晴らしいんだけど、なんか道徳の授業みたいだなーとぼんやりと考える。
 見終わると、今度は大部屋に向かいます。なんかいるかの模型みたいなものがあり、そこで英語で解説している 先生がいます。…いや、さっぱりわからんなー、と思いながら、一番問題なのは「寒い」ことですかね。 ビキニなのにクーラーがガンガンにかかってるんで、正直風邪を引きそうでした。 タオルを持ってこればよかったか。というか、先生っぽいひともTシャツなのに、寒くないんだろうか。

 しばらくすると、名前を呼ばれます。比較的早く呼ばれたみたいです。 うう、ここじゃ全部、韓国名(韓国発音)なのでぴんと来ないですな。 私たちのほかに呼ばれたのは、猿田さんたちと、初めて会う、アメリカ人の方でした。(4人。うち 二人は、途中で合流。はぐれてたらしい)呼ばれて 外に出ると、ライフジャケットを着せてもらいました。ちょっときつめがちょうどいいらしいですが、まぁ、ジャスト サイズですね、うん。
 着せてもらうと、今度は島の横道をぐるりと歩きます。ナマケモノがいて、餌をやってるところを見て、ちょっと心が キュンとなりました。
 その後、鳥のところに案内されます。イスラムへ―レスにしかいないインコの一種と珍しいオオハシの一種をにーちゃんと 一匹ずつ持ち、写真を撮ってもらいました、あとで購入できるらしいです。なかなか商売が上手いようですな…

 ゆっくりとかげる雲に悲しみながら、ようやくイルカと泳ぐ時間になりました!!

次回へ




2005/4/3     ハネムーン5

前回の続き。

 3月1日。 また変な時間に寝たせいで朝…というか深夜に起きる。
 このホテルで見られる日本の放送は、基本的にNHKだけなので、NHKとはかなりお友達に なりました(笑)
 そして注文した6時半にルームサービスが来ました。アメリカ形式の朝食なんですが…なんでアメリカ人はこんなに 食べるんですか…?
 コーヒー、オレンジジュース、オムレツ、トースト(2枚)、菓子パン、果物 …なんで飲み物が二つあるのかが理解できないのですが、とりあえずおいしくて満足。しかし食べ切れなかったけど…

 下に水着を着込み、上から服を着ます。そしてホテルのタオルを借り受けて(外持ち出し可能)集合場所に向かう。 ホテルにあるタバコショップ前。タバコショップと言いますが、実のところ、お土産やさん。せっかく暇なので、お土産を ぼんやりと見てみる。しばらくすると、同じ店に猿田さんたちがいらっしゃる。ああ、そういえばこの方々も参加なんだなー。

 しばらくすると「JTB」と書かれたヴァンが来るので、四人で乗り込む。添乗員さん、妙にテンション高いです。とにかく 「イルカと遊ぶ イスラ・ムへーレスツアー」に出発です。
 イスラ・ムヘーレスというのは、カンクンの近くにある、大きな島の名前。かつて女性たちがそこに沢山住んでいたため、 「女たちの島」という意味で付けられた、ダイビングの名所らしいです。私たちは飼われているイルカと一緒に泳ぐために、 その島へ向かうのです。

 フェスタアメリカーナグランドコーラルビーチから約10分くらいのところに在る港につきました。ここからイスラ・ムへーレス への船が出ているようです。が、まだ少々余裕があるので、港(と言っても小さなものですが…)の中にある喫茶店で 紅茶を出してもらう(ツアー代金に入ってます)…はっきし言って朝食べてたぽたぽなのですが、することがないので飲む。
 しかしツアーは四人きり。そして同じテーブル。…きまずい物がありますね。しょうがないので「新婚さんですかー」などと 当たり障りのない話や「ずっとカンクンにいられるんですか?」と『もう知ってるやん!』というような話題で船を 待ちました。しばらくすると、猿田さん夫妻が添乗員さんに、別のツアーの予約を頼んでいたのを聞く「ジャングルツアー」らしい。 なんか旅行会社の人に、このイルカのツアーとジャングルツアーはやっとくべし!と言われたらしい。「一緒に いかがですか?」と聞かれるも、まだまだ時間があるのでとりあえず放置しておく。

 そうこうしているうちに船に乗れるとのことなので、乗り込む。一階席より二階よね、と向かいますが、正直船酔い しないかが心配です(私は乗り物に弱いのです)
 空は程よく晴れ…といいたいですが、微妙に曇ったり晴れたり、というところ。風にあたるとちと寒いですが、海の美しさには 心が奪われます。
 ラグーンと水の色がこれほど違うとは!という驚き、その水が交わったところは灰色。そして綺麗なエメラルドグリーンと アクアマリンブルーとの交差はなんとも美しいです。透明度もすばらしく、下の海草がちゃんと見えます。地球のなによりの 宝は美しい自然だと確信しますね。

 そうやって見惚れていると、船室から男の人が一人出てきました。「HALO!I am BOb!」と叫ぶボブさんはおそらく 船の案内役、と言ったところでしょう。まぁ、英語わからないのでぼんやりと聞いていたのですが。
 やがて「アメリカン?」「ロシア?」「チャイニーズ?」と人種名をあげて言っていることに気がつきます。そして 「ジャパニーズ?」と聞かれ、私を含め(私は韓国人ですけど…)4人が手を上げると、ボブさんがしゃべり 始めました。
 ボブさん:「はじめまして、私はボブです!ようこそイスラ・ムヘーレスへ。日本語たくさん知ってます。ニンテンドー! ソニー!トヨタ!!!」
 おお!凄い!この前も言いましたが、こんな極東の国の言葉をしっかりと話してくれるなんて、凄く勉強家ですよね! 頭が下がります。
 と感動すると同時に「…いや、それ日本語じゃないし。全部企業名やし。つか、まっさきにゲーム会社かい、どんなオタクな国だ 日本!」という突っ込みを心の中で入れました。
 ちなみに船でも飲み物が飲めたのですが、入らなかったのでお断りして、ぼんやり努力家ボブさんの言葉を聞いてました( というか、20国くらい挙げてたということは、20国くらいの挨拶が話せるということですよね。すばらしい。)

 そしてボブさんが話し終え、ひっこんだあと、添乗員さんが登場「LEEさん、イルカと泳ぐ時にビデオとるんですが、 そのビデオに名前を入れるんです。で、その時に旦那様と同じ苗字にしましょうか?」と持ちかけられる。
 …いや、それは嬉しいんですが、日本の苗字+韓国名の名前は非常に変なので、できれば通名の名前にしてもらえませんか、 と「桜織でお願いします」と言って見る。了承していただけましたが、二回ほどなんて名前か聞かれました。…変なことして すみません。

 徐々に見えてきたイスラ・ムヘーレスにわくわくしながら次回へ続く。

次回へ




2005/4/2     人生色々

 オールスター感謝祭見てます。好きです、これ。嘉門達夫さんが出なくなってちょっと寂しいけど。<
 風雲たけし城に感動。本当は私、迷路が好きだったなー。たけしさん、出て欲しかったなー。

 今日は目が覚めたら昼過ぎだったので、諦めて結婚式のDVDをコピーするためのドライブと、DVDレコーダーを 買って来ました。ビデオも見られるやつですよ。うい嬉しい。これでレコーダーの中に録画が出来ますよ! BSチューナーもついてます。まぁ、かなり衝動買いで(前から欲しかったんですけどね)高い買い物でしたが、 満足満足。

 マリッジブルーの友人の話を聞いて、ああ、自分もいらだったりなんかしてたなぁ…と妙に懐かしくなったり。 まぁ、懐かしくなってくれて嬉しいですよ。結婚式終わったあともいらだってるようなら、その結婚はこの先 辛くなるしなぁ…むむ、人生色々。



2005/4/1     嘘ついてる暇なんてありゃしない。

 ハネムーン日記はお休み。なんか色々修正しないといけなかったり、更新作業だったりして 正直そんな暇はないよ…

 エイプリールフールの習慣って「嘘つくのが許される日」なのか「嘘をついて人をだますことが許される日」 なのかどっちなのかなぁ、と考える今日この頃。子供の頃は絶対嘘ついてだますんだ!と意気込んでましたが、 そんな過去の自分を可愛いなぁと思う今の自分は、過去の自分にとってはつまらない人間なのかな。
 個人的には「そんなわけないじゃん」や一瞬だまされても、だまされたことが変わったら笑える、そんな嘘が 好きです。悪意に満ちた嘘や、その嘘によって人が悲しむ嘘は、冗談でもあんまり好きじゃないなぁ。とはいえ、 自分と他人の基準が違う以上、難しいですけどね。

 とりあえず、かつて問題になったという電車で「まもなく○○駅になります。でもドア閉まりません」という フラッシュが元ネタの嘘は、結構おもしろいと思うんだけど。実際開かなかったら問題だけどなー。やっぱり生真面目な 日本の気質には合ってないんだろうね、エイプリルフール。
 もっと世代が変わったら違ってくるのかな。そういう冗談が、笑い飛ばせるようになったら、日本もちょっとは変わってくる ような気がするけれど。…決してアメリカみたいな国になって欲しいわけではないんだけれどね。


前へ メニューへ HPトップへ 次へ
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット