終わらないお伽話を
 〜 父と勇者と 〜



 サーシャが駆け寄る。広がっていく血が靴にへばりつくが、かまわなかった。
 そのあとを、三人が追った。
「……誰か、そこに、いるのか……?」
「…………!?」
 サーシャが息をのむ。駆け寄った三人もそのまま黙り込んだ。
「わたしには、もう何も見えぬ、何も聞こえぬ……も、もし誰かいるのなら、どうか 伝えて欲しい。……わたしはアリアハンのオルデガ。……今、全てを思い出した。」
「……。」
 トゥールは、ほとんど無感動にオルデガを見下ろしていた。
 ずっと会いたいと願っていた人なのに。尊敬して、そうなりたいと思っていた人なのに。どうして こんなに心が動かないのだろう。
「も、もしそなたがアリアハンに行くことが、あったら……その国に住むトゥールを尋ね、オルデガが こう言っていたと、伝えてくれ……。」
 父さん。トゥールは、ただ静かに心でつぶやく。
「平和な世に、でき、なかった、この父を……許してくれ…と、な……」
 そう言って、オルデガは血の塊を吐き出す。そうしてゆっくりと目を閉じ、そのまま力を 失っていく。
 そして、消えた。踏んだはずの血も、肉体も。なにもかも。


「……トゥールの、パパが……」
 ぽろぽろと涙をこぼすリュシアの横で、サーシャはただ口を押さえて立っていた。
 何も言えなかった。言うことができなかった。いたわりの言葉を口にしたかったのに、サーシャは涙を必死に抑えて立っている ことしかできなかった。


 憧れの人だった。初恋だと思っていた。
 この人と旅ができたら、良いだろうと思っていた。
 母に、何度も聞かされた。アリアハンまでの旅の思い出。オルデガがどれだけ強く、たくましかったか。 どれだけ素晴らしい勇者だったか。
 そしてアリアハンで、トゥールの母と出会った時のこと。そして 二人が恋に落ちた瞬間を見ていたと、母はサーシャに語った。どれだけ二人が愛し合っていて幸せそうだったか、 母は少し寂しそうに、それでもどこか嬉しそうに何度も語ってくれた。
 ……だから思ったのだ。この人と一緒ならば、私はきっと選ばれない。この人の鍵となれば、私は私のままで、 世界を救えるかもしれない。

 そう、憧れた。

 強い人だった。鍵なしでは決してこられぬこの魔王の城へ、一人でくることが出来るほど。
 知っていたのだろうか。知っていたのかもしれない。バラモスが単なる部下にすぎず、倒したところで何の解決にも ならないことを、オルデガは知っていたのだろう。
 だからこそ、火山に登ったのかもしれない。この世界へと行く手立てを考えるために。
(私の、せい……)
 間に合わなかっただろう。サーシャは幼すぎた。それでもサーシャはそう思わずにはいられなかった。追いついていれば、 共に旅をすることが出来ていれば、この世界に来るのに体の負担をかける心配はなかった。そして手助けもできた。
 なのに、そう悲しむ裏で、なおも体が語る。
”この人とは旅を望めない。”
 この人は、ルビスの危機に際して生まれた、誰よりも力を持つ勇者だ。それは、トゥールよりも。サーシャにはそれが分かった。
 だが、この人の力はあくまでも個人の、……孤高の英雄なのだ。誰も寄せ付けず、誰も頼りにせず、わが身を傷つけ進んでいく。
 だからこそ、ルビスは選ばなかった。そして……サーシャも選べなかった。どうしても。
 そう冷静に考える自分が嫌で、涙がこぼれそうになる。
 もし、自分が追いついていたら。一緒に旅に出たら。この犠牲は出さなくてすんだのではないだろうか。そんな やくたいもないことを考えて、胸がこみ上げる。

 泣いてはいけない。今、泣く権利があるのは…………。
「サーシャ。」
 トゥールは優しい目でサーシャを見つめながら、そっと背中に触れる。
「……。」
 トゥールは泣いていなかった。泣くそぶりさえ見せなかった。
「泣いたらいいよ。」
 サーシャは首を振る。自分が泣いたら、きっとトゥールは泣けなくなる。 悲しかったら、泣いたら良いと言っていたのはトゥールなのに。
「……いいんだ。僕は……泣く気はないから、代わりに泣いてくれると僕も嬉しい。」
 それは、トゥールの気遣いだと分かっていた。けれど、サーシャはその優しい言葉に耐え切れなかった。
「ふ、うううああああああああああああああああああ。」
 それは、かつて母を失った時のように、そしてつい先日、帰ってきたときのように、サーシャはトゥールの胸にしがみついて 大声で泣き出した。

前へ 目次へ トップへ HPトップへ 次へ
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット