終わらないお伽話を
 〜 真理への道(後編) 〜



” 仕方なく姉は妹に自分のドレスを織るようにと言いました。妹は「自分で織らなければならない」と 言いましたが、姉にはそんなことは聞こえません。
 王子にはわからないといい、無理やり妹に泉の水で美しいドレスを織らせました。
 そして王子様が花嫁を選びに来る日、それを自分が着込み、出かけていきました。”



 鮮やかな血が、空中を踊る。
「トゥール!」
 リュシアの叫び声。リュシアには何があったかはわからなかった。
 ただ、トゥールが血を流しながら、サーシャとゆっくりと落ちていくのが見えただけだった。
「トゥール!トゥール!」
 リュシアが叫びながら、トゥールの元へと走ろうとするのを、セイはすんでのところで引き止める。
「ちょっと待て!落ち着け!」
「トゥール!トゥールが!サーシャも一緒!」
 リュシアはセイの腕の中で暴れる。だが、転職したてとはいえ、武闘家の力に魔法使いが抗えるわけもない。
「おちつけ!お前今そのまま行ったら、絶対途中で落ちる!!」
 コツをつかんだトゥールたちならともかく、こんな荒れた様子のリュシアに綱を渡らせた日には一直線に 地上行きだろう。それでなくても、これだけの高い場所だ。風の影響だって馬鹿にはできないのだ。
 だがリュシアは聞いていない。ただひたすら地面に落ちたトゥールたちを見ながら叫ぶ。
「トゥール!トゥール!トゥール!!」
 泣き声にも似たその声は、セイの胸を締め付けた。


 鈍い音をたてて、二人は地面に落ちる。幸い命綱が長かったおかげで、気絶はしていない。あちこちが痛かったが 、何よりも打っていない背中に激痛が走った。
 そして、体が震えた。サーシャは自分の体を抱きしめた。それでも、震えが止まらなかった。
(どうして…こんなに…)
 すぐ横にいるトゥールを見る。その瞬間、体を跳ねあがる。
 トゥールはぐったりと床に転がり、その胸からは真っ赤な血が流れて落ちていた。

「トゥール!」
 サーシャは駆け寄り、すぐに回復呪文を唱え始めた。
 サーシャの額に汗がにじむ。
 どうしてこんなことになったのか、そんな現実逃避は考えない。横に転がっている理力の杖を見れば、 一目瞭然だった。
 自分がおかしいのは、自分でも分かっている。それでも…どうしても止められない。
「トゥール…トゥール!返事をして!」
 回復呪文をかけながら、サーシャは必死で呼びかけた。
 トゥールの腕がぴくりと動く。
「…トゥール…?」
 やがて、ゆっくりとトゥールが体をおこし、自分の体に回復呪文を唱え始めた。


 二人の回復魔法で傷をふさぎ、トゥールは地面に座りなおした。
「…もう、大丈夫だよ。…ごめんね。」
「トゥールが謝る事なんて、何もないじゃない。私を助けてくれて…私が…トゥールを…。」
 サーシャの目から涙がこぼれる。わびたいのに、言葉が出ない。
「でもサーシャは…『あれ』が嫌なんだよね。とっさだったから…その、ごめん。」
「……」
 サーシャは何も言わず、トゥールの横に座って、声も出さずに涙をこぼしていた。そんなサーシャに、トゥールは マントをサーシャの顔を隠すように頭からかける。
「…?」
 そうして、そのマント越しにゆっくりと背中をさする。
「僕はもう大丈夫。…ごめんね。泣かないで。」
 そう言われて、サーシャは乱暴に自分の目をこすった。
「…こっちこそごめんなさい。ありがとう。トゥールのおかげで助かったわ。さぁ、戻らないと。」
 そう言って立ち上がり、マントをトゥールに返す。
「そう言えば、リュシアたちは?」
 トゥールは立ち上がるが、めまいがして床に座り込んだ。サーシャがそれをいたわるように 隣に座り、上を見上げる。
「…ごめんなさい…。しばらく動かないほうが良いわね。リュシア達は…多分まだ上だと思うけど…。」
「…なんだろ…、あれ?」
 トゥールが妙な声を上げる。トゥールの視線の先を追ってみると、壁に小さなひびが見えた。その 奥に…小さな灯りが見える。
 サーシャが小走りに駆け寄る。それはちょうど腕が一本通る位の小さなひび割れ。サーシャはひびを 覗きこんだ。

 そこには、小さな祭壇が光っていた。サーシャは手を伸ばす。…すると、サーシャの手の中に、一本の 巻物が入り込んできた。
 呆然としながら、サーシャはその巻物を開いて読み始める。
「もしかして…これが…悟りの…書…?」
「良かったね、サーシャ。」
 気がつくと、すぐ横でトゥールが笑っていた。サーシャは巻き物を巻きなおして立ち上がった。
「ええ…ありがとう、トゥール。さぁ、リュシアたちと合流しなくちゃ。きっと、心配しているわ。」
 
前へ 目次へ トップへ HPトップへ 次へ
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット